トップニュース

日本の継続的な雨で被害、地すべりの危険

金曜日、日本全域に大雨が降り続け、河川が氾濫して多くの地域が地すべりの危険が高まるにつれ、福井県と滋賀県に記録的な大雨が報告されています。

政府は3日間続いた大雨で午後5時現在、9県にかけて52個の河川が堤防を破壊したと明らかにした。 また、同じ期間6県で22件の地すべりが発生したと明らかにした。

2022年8月5日、刑務所通信ヘリコプターで撮影した写真は、大雨で氾濫する滋賀県長浜の高徳川を示しています。 (刑務所)

日本の気象庁は、不安定な大気条件が西から東に全国をさらっている中、土曜日までより多くの大雨が発生しないように住民に注意を求めました。

大雨による被害に対応するため、自治体など当局は水をはじめとする生命線が切れた地域住民を支援するために急いでいる。

気象庁は、金曜日の朝に終わる24時間、福井県南越前市に405.5ミリリットルの降水量を記録したと明らかにしました。 これは8月の平均の2.2倍です。 滋賀県と島根県の一部地域でも記録的な時間当たりの降水量が記録されています。

福井県北陸高速道路の崩壊した鉄道橋2本と地すべり遮断部分など交通インフラの被害も確認された。

警察と他の当局は木曜日以降、岩手県と山形県で行方不明の2人を捜索している。 石川県小松市で2人が泥湯に浸ったように見え、低体温症にかかったまま発見されたと市当局が明らかにした。

斎藤鉄夫国土交通賞は金曜日の記者会見で「被害規模を把握するために努力しており、対応に最善を尽くすだろう」と話した。

これまで降りた雨で、北東部の東北地域と北陸地域の家屋が広く被害を受けました。 地方政府と日本の陸上自衛隊は、水道サービスの復旧に努めています。

木曜日には、北東部と中部地域を中心とした大雨で、約54万人の住民が一箇所で避難しなければなりませんでした。

土曜日の午後6時まで24時間、北陸地域には最大60mm、日本中部東海地域には最大150mm、西部の近畿地方および中央区地域には80mmの雨が予報されました。

気象庁によると、北陸地域の大雨により地すべりのリスクが高まり、大気不安定が土曜日まで西部と東部の日本で続くと予想される。


関連範囲:

日本中部東北部地域に大雨が降り、10万人に避難令が下された。


READ  日本の遅いCovidワクチン発売、オリンピックに雲投げ| コロナウイルス

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close