トップニュース

日本の緊急事態のために困難を経験している部門の損失が深刻になります。

東京 – 日本全域で宣言された緊急事態は、最も大きな打撃を受けた3つの産業の緊急事態以前のレベルでの損失を40%拡大すると予想され、これは昨年春、以前の法令ではまだ回復していない企業に負担を与えます。 Nikkei分析が示しています。

Nikkeiはレストラン、鉄道、航空輸送産業の上場企業104を見てみました。 特に、最初の緊急事態で急激な収益の減少を経験しました。 各企業は、予想損益分岐点をベースにした月間の緊急状態の影響について質問しました。

今回は昨年、全国の法令に比べて売上高が70%だけ減少しても、これらの企業は、合計2,300億円(22億ドル)以上の毎月の損失を見ることになるでしょう。 収益が以前ほど低下、この数字は約3,800億円に増えることです。

この会社は、3ヶ月から6月までの毎月平均3,200億円(31億ドル)の合計営業損失を報告しており、これは、次の四半期の約半分に減りました。

東京と大阪の地域を含む緊急事態に直面している11の都道府県では、春のようなボヘンリャンが大きく減らないと予想されるが、まだ打撃を受けると予想されます。 Googleによると先週の火曜日、現在の公共交通機関の乗客数を含むデータは、最初の法令ときのように、約70%減少したことに気づいた。

日本航空はコロナウイルス感染症、以前に比べて、乗客数が90%急減した4月と5月にだけ需要の減少がひどくないが、「1月の後半に大幅に減少するだろう」と明らかにした。 最高財務責任者秀樹きく山。

売上高は、春だけ70%減少すると外食業界で調査した83社の企業は、合計200億円の損失を負う可能性が高い。 これらのビジネスの多くは小規模であり、特に売上高の減少により大きな打撃を受けることです。

この部門で最も大きな影響は、バーにあるものであり、推定損失は120億円です。

渡辺ミキ社長は今月の記者会見で、大型パブ運営会社インと畳が一ヶ月間、緊急事態が発生した場合、「5億円から6億円まで赤字」になると述べた。 この会社は、東京から直接運営する83の支店を閉鎖しました。

手頃な価格のイタリアンレストランチェーンを運営するサイゼリヤは、日本のレストランの半分以上で営業時間を短縮しました。

調査に参加した18個の鉄道会社との3つの航空運送会社の損失は、それぞれ約1,500億円と660億円以上になります。 国内旅客輸送量はコロナウイルス、前のレベルよりも約70%低いことが予想されます。

READ  NASAと日本、ゲートウェイ契約

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close