トップニュース

日本の緊急補助金トンガ保健省への移譲 – トンガ

COVID-19に対する日本の緊急補助金を通じて資金を受けた5台のTOYOTA hiluxトラックは、2021年12月3日にトンガ駐在日本特命全権大使である宗永健作大使が保健省に伝達しました。

日本のEmergency Grant Aidは、冷蔵施設や輸送などの低温流通装置を提供し、UNICEF(ユニセフ)を通じて伝達されたCOVID-19の影響からトンガを含む25カ国を保護することを目指しています。

宗長健作(MUNENAGA Kensaku)氏は、ワクチンがあっても適切な供給システムがなければ十分に活用できないと強調しました。 「特にコロナ19ワクチンは、迅速な配布とより重要なのは非常に敏感な温度制御が必要ですが、このようなシステムをコールドチェーンと呼びます。 このプロジェクトは、トンガの人々を保護するために保健省が管理するトンガコールドチェーンを支援することです。 この支援の下、ボートも到着する予定で、これは外の島への供給に不可欠です。 「重要なのは、進行中の予防接種を加速することであり、資格のあるすべてのトンガの人々は完全に予防接種を受けなければなりません。 「この車と予想されるボートを使って、ワクチンを必要とするすべての人にワクチンが提供されることを願っています」と大使は言いました。

ホーン。 保健省大臣のDr。 ‘Amelia Afuha’amango Tu’ipulotuは、特に外の島でワクチン接種プログラムを確実にサポートするブランド品質の車両を提供した日本政府と国民に感謝した。

日本は4月の熱画像カメラおよび医療機器提供、8月のAstraZenecaワクチン26,800回提供、百万ドル規模の車両寄付を通じてCOVID-19から王国を保護するためのトンガの最前線と保健省の疲れにくい努力を継続的にサポートに努めてきました。 この時間。

終わり

その他のお問い合わせは下記までお問い合わせください。 主通家日本大使館第2書記 藤原一成氏。 トンガビル 5階 / 電話: 22-221 / ファックス 27-025

READ  Super Nintendo World、Universal Studios Japanで改造

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close