エンターテインメント

日本の美しさが生きて息づく高度アンティーク

日本の美学は、11月6日から14日まで、Kodo Arts Warehouseで旧時代の日本のアンティークの宝物と現代美術のインスピレーションを組み合わせた新しいコラボレーションショーや販売を通じて生きます。 現在、日本で最もホットな現代陶芸家の陶芸家である村村拓馬の作品を含め、日本を代表する現代陶芸家の現代陶芸作品をユニークに展示する予定です。 陶器や土などの野生作品への自由なアプローチで有名な彼は、3日間薪を焼くクライミングキルンで自分の作品を焼き、予測不可能な有機的釉薬を生産します。 彼の飲み物の1つで飲んだ募金は崇高です。 京都市外の柏岳粘土を使用し、粗い白石を焼きながら溶けてユニークな釉薬を作ります。 長寿石を意味する日本語で「チョセキ」と呼ばれるこの宝石には長石が豊富です。 これは彼が達成した素晴らしい質感を説明します。 黒ひげと馬尾を育てた現代の武蔵、陶器に対する彼の愛情は作品一つ一つで感じることができます。

また、有名な地元アーティストの宮村みゆの大日本の書道スクリーンを展示する予定です。 この作品は2009年数百人の聴衆の前で大きな筆で描いたものだ。 作家は瞑想に施された状態で絵画を完成し、その瞬間に創作する。 公演映像はYouTubeで見ることができる。 Miyuのライブ日本語書道を入力します。

彼女は自分の言葉で「筆が紙に触れる瞬間が芸術の誕生だ。 筆が紙を離れる瞬間の芸術の死。 書道は、最も自然で芸術的な方法で可視化される目に見えないエネルギーの跡です。



書道は心を安定させ、精神を鋭くするためにまだ日本で使われている芸術の一つです。 各瞬間と各呼吸に完全な注意が必要です。 昔は自分が対価だと主張する侍は、筆とのぼやけた一体感を実現するために、どんな熟考や想像もせずにその領域になければならないかのように書道に優れた場合が多かったです。 弓術、剣術、茶技、瞑想と同様に、精神と心を鍛えるもう一つの道具でした。

Kodo Arts Warehouseはまた、美しいアンティーク家具、家の装飾、庭、着物、建築用品、珍しいものでいっぱいです。 11月6日から14日まで毎日午前10時から午後6時まで。 年に2回一般人に公開します。 質問がある場合は、530-478-0812に電話するか、kodo-arts.comに電子メールを送信してください。



ソース: Kodo Arts 日本アンティーク

日本の美学は、11月6日から14日まで、Kodo Arts Warehouseで旧時代の日本のアンティークの宝物と現代美術のインスピレーションを組み合わせた新しいコラボレーションショーや販売を通じて生きます。
提供された写真

古代美術館の日本のアンティークでは、村村真琴の作品を含め、日本を代表する現代陶芸家の現代陶芸作品をユニークに展示する予定です。
提供された写真

京都郊外の柏木の粘土を使用して、陶器の彫刻は、粗い白い石の焼成中に溶けてユニークな釉薬を作ります。
提供された写真

READ  NiziUプロデューサーJY Parkの言葉指導法が反響」勉強になる」「経営の本質」|松子会議|動画|ニュース

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close