経済

日本の自動車メーカーの1月の生産量は、チップが不足して4.5%減少し

8つの主要な日本の自動車メーカーの全世界の総生産量は全世界の半導体不足のために、1月に212万台で、前年比4.5%減少したとメーカーのデータが木曜日に発表した。

このうちトヨタ自動車と日産自動車だけ前年より月間生産量が増加した。

トヨタは1月、全世界の生産量がコロナ19拡散に起因する世界的な需要の回復で前年比4.0%増の741,704台を記録したと発表した。

同社は、米国と中国の強固な需要に支えられ、5カ月連続、全世界の生産量が増加した。 会社の関係者は、チップ不足の影響が「限定的」と述べた。

トヨタの1月のグローバル販売台数は、日本と中国での販売が増加し、4.6%増の765,514台を記録した。

Nissan Motor Co.は中国でSylphyセダン販売の増加により、全世界の生産量が2.4%増加した371,532台を記録したと発表した。

Honda Motor Co.の世界生産量は351,676台8.8%減少し、チップが不足して、日本とヨーロッパの工場での生産量が減少し、5カ月ぶりに減少した。

Subaru Corp.も、半導体供給梗塞に苦しみ、前月の生産量が29.2%減少し63,603台を記録した。

Mitsubishi UFJ Morgan Stanley Securities CoのシニアアナリストであるKoichi Sugimotoは「Hondaは、比較的不足している海外のベンダーにもっと依存するため、チップの不足はToyotaよりHondaに大きな影響を与えた。

Mazda Motor Corp.のグローバル生産はMazda3小型モデルの販売不振で11.8%減少し111,209台を記録しました。

スズキと三菱自動車は、それぞれ11.2%減の265,285台、15.8%減の90,745台を記録した。

Toyotaの小型車製造子会社であるDaihatsu Motor Co.は8.7%減の110,432台を記録しました。

1月8つの自動車メーカーのグローバル販売は206万台で、前年比1.0%減少した。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  スターバックスの新作「アールグレイハニーホイップフラペチーノ&ラテ「華麗アールグレイ×蜜

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close