経済

日本の自動車販売不振が消費リターンの見通しをぼかす

2017年5月30日、日本の横浜港で自動車メーカーのスバルの新車が輸出を待っている。 REUTERS/Toru Hanai

東京、11月1日(ロイター) – 日本の10月自動車販売が1年前より31.3%急減して4ヶ月連続減少傾向を記録したと月曜日の業界データによると、コロナ19大流行による生産量減少が日本に打撃を与えていると業界データが明らかになった。 すでに弱い消費。

内需販売データは、9月30日に感染症と戦うための国家緊急事態が解放されてから消費の強さを測定するために使用できる数少ない指標の1つです。

販売不振は経済への供給の支障の拡大された損害を強調します。 グローバル部品とチップの不足は自動車メーカーに大きな打撃を与え、グローバル生産量を削減し、自動車の配達を遅らせました。 もっと読む

アナリストらは、供給制約が長期化した場合、日本経済は7~9月に予想される渋滞またはマイナス成長で確実な反騰ができない可能性があると述べています。

NLI研究所の斎藤太郎エコノミストは「10~12月の経済は主に消費好調で年間約5%の成長率を見せると予想する」と話した。

彼は「しかし、供給制約が予想より長く続くなど、多くのリスクがある」と付け加えた。 Saitoは、第3四半期の経済が0.9%縮小すると予想しています。

政府は11月15日、日本の7~9月の国内総生産(GDP)暫定値を発表する予定だ。

Leika Kiharaの報告、Louise Heavensの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本の経済復興

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close