技術

日本の自律走行建設機械は、GPSなしでそれなりの道を見つける

東京 – 日本最大の土木工学グループのいずれかが、GPSやその他の衛星位置データに依存していない建設車両用ナビゲーションシステムを開発し、遠隔地で自らを案内できるようにします。

レーザーセンサーを使用して、車両周辺の3次元マップを作成東京に拠点を置くTaiseiの技術は、日本で最初に開発されたものと思われます。 国内業界の同僚は自律走行技術に自信の進出を試みたが、空の信号に依存して車両を案内します。

Taiseiは現在、GPS信号が到達することは困難または不可能トンネルやその他の地域の実際のプロジェクトにシステムを適用して、より多くの機械を自動化して建設人材不足に対処できるよう支援しています。

3Dマップは、車両が途中で障害物を見つけるの周りのバイパスをチャートに表示することができます。 この技術は、最近、トンネルを介して5km / hを走行するクローラダンプトラックで試しました。 センサーが装着された車両が運転者が搭乗した状態で、これらの単純な環境を一度に移動すると、後で旅行するとき、自分運転するのに十分テイクを収集することができます。

全地球測位システムは、全世界的にカバレッジを誇るが、信号は、山や高い建物によって容易に遮断することができます。

追跡車両はTaiseiが開発したナビゲーションシステムを使用してトンネルを通過します。 (写真提供:Taisei)

米国はこの技術の先頭にあった1978年現在GPSネットワークの最初のプロトタイプ衛星を発射しました。 しかし、中国は、独自の衛星測位システムであるBeidouを遅れてきました。 2020年に米国の衛星受信機会社であるTrimbleのデータのNikkei分析によると、Beidouは165カ国を観測する頻度でGPSよりも先にいました。

需要の増加と高齢化と減少する労働力の間に閉じ込められた、日本の建設業界は、生産性を高くという圧力を受けています。

また、他の主要なエンジニアリンググループであるObayashiは、日本の南東三重県でダムプロジェクトのすべての段階で、ロボットを動作するようにしました。 同社は2030年までに、製造元に関係なく、すべての建設機器で自律走行を使用できるようにすることを目指しています。

ライバルKajimaとTakenakaは高層ビルを建てるために使用されているタワークレーン用リモートオペレーティングシステムを開発した。

日本のほか、オーストラリアの炭鉱でBHPグループが自律走行車を稼動しています。

READ  Apple SiliconベースのMac、3モデル徹底比較M1の性能は意外 "ほぼ"(ホンダ雅一) - Engadget日本版

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close