日本の航空パイロットは、DFWから東京へ飛行する前に酒に酔った。

Estimated read time 1 min read

東京からDFWへのフライトは4月22日に着陸し、DFWから東京へのフライトは4月24日に予定されていました。

ダラス — 次の出発便 ダラス-フォートワース国際空港 (DFW) 日本行は、飛行前日にパイロットが酔って「無秩序」になった後、キャンセルされたと日本の航空関係者が言った。

航空会社の声明によると、この事件は4月24日、DFWから東京に向かう飛行機を控えて発生した。

東京からDFWへの飛行機は4月22日に着陸し、DFWから東京への飛行機は4月24日に予定されていました。 4月22日到着後の夜遅く、飛行機のキビは「酒に酔ってホテルで無秩序な行動をしました」。 「と航空会社側は明らかにした。

キビは航空会社に指名されていません。

「このような行動は他の宿泊客とホテルの職員に不便を与え、ホテル側の要請により警察が口頭警告をすることになった」と声明は明らかにした。

事件発生時点と4月24日に予定された飛行の間には十分な時間が流れ、交代勤務開始時の機長のシステムではアルコールが検出されませんでした。 しかし、航空会社は「パイロットの身体的、精神的状態を評価した後」彼を飛行機から降ろすことに決めたと航空会社は明らかにした。

飛行機から引き出されたパイロットのために、航空会社は日本で代替乗組員を配置しなければならず、それによって「かなりの遅れ」が発生したと航空会社は言った。 その結果、航空会社はフライトをキャンセルする必要がありました。

航空会社は、乗客のほとんどがこの日にアメリカン航空直行便に乗り換え、一部はシカゴを経由する便に乗り換えたと明らかにした。

日本航空は声明を通じて「今回のフライト欠航に関わったお客様の皆様に心からお詫び申し上げる」と明らかにした。 「私たちはこの状況の深刻さを十分に認識しています。」

READ  日本の愛知県豊田市トヨタの近くで、通常4.2地震発生/火山
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours