トップニュース

日本の航空会社、ハンズフリー飛行機トイレのドアのリリース

(CNN) – 日本の航空会社ANAは、次の便をより衛生的にすることができる新たな技術革新、すなわち手を使用せずに開くことができるバスルームのドアをテストしています。

これらの航空会社は、次の週から日本国内線にドアが装着された航空機21機を発売する予定である。 ドアは、人々が肘や前腕にドアを開くことができようにする機械式スプリングを使用して動作します。

プロトタイプが作られた。 ANAと日本に拠点を置く航空産業製品を生産するJAMCOが2020年秋にコロナウイルス感染症に対応しました。 しかし、今まで試してみることができる唯一の場所は、ANAのラウンジでした。 Tokyo-Haneda Airport

そして手を使わずにアクセスすることができるのは、入口だけありません。 トイレに入るとスライドボタンでドアをロックおよびロック解除することができ、(同時に照明を有効にする)取っ手もあり、肘を使用して内部でドアを開くことができます。

顧客の経験の管理と計画担当上級副社長であるANAの井上伸一(Shinichi Inoue)は声明で、「私たちは、乗客と従業員の健康と安全が最優先であるため、革新的な技術の開発と実装に継続的に投資してきました。」と言いました。 「ハンズフリーバスルームのドアは、私たちがこの原則を実行する最も最近の例です。 “

実装プロセスがどのように進行されるかに応じて、ANAは国際線を運航する航空機を含むより多くの航空機に新しいハンズフリードアを導入することを希望します。 現在、ほとんどの外国人は、日本に入国することができません。海外旅行は厳しく制限されます。

飛行機でウイルスに感染する確率は比較的低いが、バスルームは、最も良い時間帯にも機内で最も細菌に属します。

全世界的に航空会社は公衆衛生のための様々なアプローチを試みてきました。 多くの航空会社は乗客と乗務員の両方機内でマスクを着用する必要があり、いくつかの航空会社は、従業員が全体PPEを着用する必要があります。

タイ 一時的に禁止された食べ物や飲み物のサービス、新聞や雑誌だけでなく、国内での予防措置として。 中国では国家航空当局が乗務員に 作業中におむつを撫で トイレへの旅行を減らすために。 おそらくハンズフリー飛行機のドアが代替物として機能します。
READ  宮崎大輔氏釈放」世間を騒がせて申し訳ない」(2020年11月4日) - YouTube

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close