技術

日本の芸術」の複製」技術、グローバル博物館改編

東京 – 文化財複製、東京芸術大学の研究者らが開発した重要遺物の高精度複製製作は継続して進化しています。

研究者は、芸術作品を正確に複製すること理想を追求しました。 今、最先端の技術と研究の結果を使用して、最初作成したときと同じように見えるようにすることができます。

彼らの「スーパークローン文化財「再現には1400年前に現れたかのように国宝に指定された仏像があります。 デジタルテクノロジーと作家の工芸が融合された彼らの作品は、今、それ自体で、新しい形のアートで注目されている。

法隆寺節国宝であるシャカ(さきムーニー)三合賞」スーパークローン」が4月10日、長野県立美術館で初めて公開されました。

クローンは現在623年に作成されたときと同じ輝く金色の外観を持ちます。 像の中央の人物の頭の上にある毛の紛失壊れたカールと額に小さな毛が復元されました。 レプリカに表示されます。

主要人物の横にある2つの小さな人物の位置は、クローンで反転され、これは現代の作品がデザインされた方法とその他の美術史研究の結果に基づいて決定された。 人物後のハローの周りに空の処女を飛ばすことも追加されました。

レプリカを作成するために高度な技術が使用されました。 社員と政府当局の許可を受けた研究者は、まず、高解像度デジタルカメラと3次元測定を使用して像の形のデータを収集し、デジタルモデリングシステムを使用してフィギュアのなどを測定することができない部分を再現しました。 およびその他の損傷した部品。

研究者は、まず、3Dプリンタで作成された部品を組み立ててプロトタイプを製作しました。 金属部品に使用される材料の組成とその組成比のX-線蛍光分析により、研究者は、鋳造に使用された銅の割合を完全にすることができました。

プロトタイプをベースに、彼らは像の最初のクローンを完成しました。 過去1400年の間に、元の金メッキが徐々に低下し、Takaoka銅と伊波木彫り(伝統工芸品)の現地の専門家が鋳造や装飾のコースを完了しました。

いよいよ上映された金のクローンは、高度な3Dプリンティング技術と鋳造方式の改善に原作をより忠実に反映するように作られました。

研究者は、2014年に法隆寺で寸法を測定しており、左側には不完全な測定データを使用して作成されたイメージです。 (写真提供:東京藝術大学イノベーションセンター)

飛び回る処女の形の正確さと側面人物の位置を変える決定を証明する方法はありませんがクローン製作を導いた東京芸術大学宮迫正明名誉教授は、それが非常に有用であると考えています。 重要な目的。

「私は人々が飛鳥時代の人々を見ることができるよう、文化的理解を促進したいと思います。 [from 552 to 645] 宮迫は研究成果で学んだすべての知識と伝承された歴史的なデータを統合してクローンを作成(像について)考えていた」と言いました。

3次元測定データを使用して作成されたプラスチック製のプロトタイプです。 (写真提供:東京藝術大学イノベーションセンター)

クローン作成を主導した研究チームは、芸術と技術の融合により、新たなアイデアや方法を創出することを目的とする大学イノベーションセンターに属しています。

大学の優れた複製、保存、修理技術と最先端の技術が結合されて芸術品の非常に正確なクローンを作成しました。 センターでは、この複製文化財と呼び作品を元の姿どおりに再現したスーパークローンを開発した。

油絵のための中心は、油性塗料の正確な輪郭を含むクローンを複製する先端技術を開発しており、使用される材料とフレームも正確に複製しました。 複数の特許を取得漢方法は、フランスのオルセー美術館で洋画の「レプリカ」を、ボストン美術館の浮世絵、日本の木版画を作った博物館の許可を受けました。 このクローンは、日本全国の様々な場所で展示されました。

浮世絵木版画、シャカ(さきムーニー)サムファサなど貴重な文化財や芸術作品が一般に公開されていないなど、多くの関心が高まっています。 芸術の最先端技術は、様々な文化財を保存するだけでなく、大衆に見せることができます。

2018年に大学は展覧会を制作し、最も貴重な資産のクローンを作成するために、全世界の博物館と交渉を進めている会社を設立しました。

READ  Wind Wakerオーケストレーションされたファンのアルバムでゼルダの35周年を祝うください

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close