経済

日本の製油会社、再び伝染病ストレスに直面して

Eneos HoldingsとEneos Corporationのロゴは、日本の東京にある本社に表示されます。 ロイター/ファイル

“> title=

Eneos HoldingsとEneos Corporationのロゴは、日本の東京にある本社に表示されます。 ロイター/ファイル

日本の主な精油業者は、いずれも4〜6月期に利益を見ながら、昨年の急な損失から回復したが、コロナ19事例が日本の5次大流行(世界大流行)波で最高値を記録し逆風に続け直面しています。

日本の燃料市場の約半分を占める日本最大精油会社であるEneosは金曜日の第1四半期980億円(8億8800万ドル)の利益を出したと報告した。 売上高は44%増加したが、ファンデミクが発生する前の2019年の同四半期より12%減少した。

Eneosの上級副社長であるSoichiro Tanakaは記者に「新型コロナウイルスの亜種の感染急増の影響は不確実であり、燃料需要の回復が遅れることのリスクがあります」と言いました。

Idemitsu Kosanは先週880億円の純利益を1年前の損失とほぼ同じ水準で見ていたが大流行が国内外の見通しを曇らせすることにより、将来の利益が圧迫を受けることができると警告しました。

日本の最高保健顧問は、自然災害として扱われるべきだと言いながら感染を制御するために、より厳格なCovid-19の抑制を要請しIEA(国際エネルギー機関)は、伝染病の拡散により、世界の石油需要の打撃をした表示しました。 ウイルスのより伝染性のデルタ変種。

日本の人口減少と長期燃料の需要が減り、生産能力を縮小してきた日本の精油企業は、昨年大流行にしばらくマイナス原油価格が発生したときに大きな打撃を受けました。 その売上高はまだファンデミク以前の水準に回復していなかったし、終了したばかりの四半期には、2019年の同期間の売上高よりも5分の1ほど低かった。

280億円の四半期の利益を出したコスモエネルギーの売上高は、1年前より20%増加したが、2019年の同期間にはまだ22%減少した。

IEAは木曜日に増加する石油需要が今年7月に突然逆転して2021年末までに、より遅い回復を示すと述べた。

「2021年下半期の成長率は、特にアジアをはじめとするいくつかの主要石油消費国に課せられた新たなCovid-19の制限がモビリティや石油の使用を減少させると考えられるに応じて、より急激に下方修正しました。」と言いました。

READ  楽天、日本の郵便局との資本提携を見

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close