理科

日本の製薬会社シオノギ、コロナ19ワクチンの供給量6万個の二重

日本の製薬会社シオノギエンコ(Shionogi&Co.)は、毎年開発中COVID-19ワクチンを最大1億2千万回または6千万人に提供する予定であり、低用量がまだ有効であることを知るようになっ供給計画を2倍になります。

日本で初めて開発されることができるこのワクチンは、以前に必要であると思っていた量の半分にも効果的であることができると会社の関係者は語った。

昨年12月に開始された臨床試験を拡大して適正容量を決定する計画だ。

Shionogiが政府の迅速な承認システムに基づいて進めることができれば、今年のワクチン接種を開始することができていると関係者は語った。

大阪に本社を置く同社は、年間3千万人にワクチン接種を提供することができると言いました。 Shionogiワクチンが効果的にするには、1人当たり2回接種が必要です。 これは、米国の製薬会社Pfizer Inc. とModerna Inc.で作成したものと同じです。

岐阜県の委託医薬品メーカーであるUnigen Inc.は、年末までにワクチンの生産ラインを構築する計画です。

日本では、大規模な臨床試験が難しくなっており、ワクチンの開発に大きな障害になっています。

Shionogiは昨年12月、約200人の日本人を対象に組換えタンパク質ベースのワクチンの臨床研究を開始しました。 関係者は、東南アジアやアフリカなどのコロナウイルスの事例が増加している地域で試験を行うことを検討すると述べた。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  NASAのJuno、木星の月ガニメデの詳細を見る

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

理科

日本の製薬会社シオノギ、コロナ19ワクチンの供給量6万個の二重

日本の製薬会社シオノギエンコ(Shionogi&Co.)は、毎年開発中COVID-19ワクチンを最大1億2千万回または6千万人に提供する予定であり、低用量がまだ有効であることを知るようになっ供給計画を2倍になります。

日本で初めて開発されることができるこのワクチンは、以前に必要であると思っていた量の半分にも効果的であることができると会社の関係者は語った。

昨年12月に開始された臨床試験を拡大して適正容量を決定する計画だ。

Shionogiが政府の迅速な承認システムに基づいて進めることができれば、今年のワクチン接種を開始することができていると関係者は語った。

大阪に本社を置く同社は、年間3千万人にワクチン接種を提供することができると述べた。 Shionogiワクチンが効果的にするには、1人当たり2回接種が必要です。 これは、米国の製薬会社Pfizer Inc. とModerna Inc.で作成したものと同じです。

岐阜県の委託医薬品メーカーであるUnigen Inc.は、年末までにワクチンの生産ラインを構築する計画です。

日本では、大規模な臨床試験が難しくなっており、ワクチンの開発に大きな障害になっています。

Shionogiは昨年12月、約200人の日本人を対象に組換えタンパク質ベースのワクチンの臨床研究を開始しました。 関係者は、東南アジアやアフリカのように増加しているコロナウイルスの例として打撃を受けた地域での実験を行うことを検討すると述べた。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  NASAのJuno、木星の月ガニメデの詳細を見る

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close