経済

日本の製造業が衰退し、工場村は生き残るために戦う

数十年にわたり、日本西部都市の東大阪にある小規模工場は、日本最大のブランドの急激な上昇を煽ってきましたが、円安やコスト上昇は遅い下落を加速し、産業中心地を再編しています。

約6,000社があり、そのうち87%が20人未満の従業員を持っているこの都市は、これらの勢力が日本の小規模メーカーを転換点に押し付ける方法を象徴的に示しています。

東芝の研修会は、電車の座席からボールペンまで、あらゆる金属部品を製作し、長い間シャープ、パナソニック、サニョなどの強国の注文に頼ってきました。

現在、三洋はパナソニックに買収されました。 一般的に、近年、韓国と中国との競争に直面して作業が枯渇している。 台湾のFoxconnが2016年にSharpを買収したとき、同社の多くは日本から移転しました。

東大阪が直面している問題(人口高齢化、域外外周、通貨下落)は、世界3位の経済大国であり、83兆1千億円(6,105億4000万ドル)に達するグローバル輸出の基盤を噛んでいる問題を反映している。します。 昨年。

市内の工場である航空機部品メーカーAokiは、感染症で大きな打撃を受けて食品産業に転換しています。 別のエアドリル部品メーカーであるKatsui Kogyoは、1967年に事業を開始して以来初めて価格を引き上げました。 懐中電灯の会社であるSeiko SCMは、生産量を削減し、本社の一部を共有ワークスペースに変えることで、東大阪の製造業を復活させることに取り組んでいます。

Seiko SCMの最高経営責任者(CEO)である広子 Kusaba 氏は、「少し煮るカエルになるのと同じです」と語った。 「私たち全員は、大きなブランドが常に私たちを守ると信じていましたが、もはやそうではありません。」

人間のつながり

過去6ヶ月間、日本円の価値は3月初めドルあたり約115円から8月130円以上に急落した。 そしてコビッドの苦痛は相変わらず:地域商工会議所が4月に実施したアンケート調査によると、東大阪にある小規模企業の67%が依然として感染症に苦しんでいると述べています。

これらの企業にとって経済の嵐を克服することは、単に生存に関するものではなく、産業エコシステムを保存することです。

中小企業は日本企業の99.7%、雇用の68.8%を占めています。 しかし、最近のデータである2016年の政府調査によると、これらの同じ企業が経済で占める割合は52.9%に過ぎません。

東大阪周辺地域は数百年にわたり製造中心地としての歴史を持っています。 都市にはまだ小さな工場が家の間に挟まれており、早朝から夕暮れまで金属を台無しにし、鋸で成形する産業区域があります。

空気ドリル会社である葛井工夫のCEOである広島小島氏は、生産の混乱が人間関係とコミュニティ意識を引き起こしたと述べた。 これは重要なサポートネットワークを提供しますが、より高いコストを提供することは困難です。

小島は10月に価格を引き上げました。 以後、材料費が上がったが、常連客を失うかと思い、また値上げを躊躇している。

彼らは、コスト分割や価格の引き上げに「快適」などの小島の好意を求めた。

コジマは「顧客に近いほど、会話を始めるのが難しくなります。

このような結びつきを守り、ビジネスに損害を与えることに悩んでいる小島は、最高経営責任者(CEO)の10年で初めて新しい顧客を探しています。

彼は、他の空気ドリルメーカーを管理する親友のヒロノブヤブモトと頻繁に訪れます。 直接競合関係にありますが、互いに注文を伝え、顧客を共有します。

山本氏は「私たちは製造業とその文化を維持したい」と語った。 これが最後の残りよりも大きい優先順位です。

遅い減少

過去 10 年以上にわたり、 Kusaba と Kojima は、高齢化した所有者が死亡したり、病気になったり、相続人のいない事業​​を閉鎖したりして、毎年少なくとも 1 つの工場が静かに閉鎖するのを見てきました。

生き残った企業は密接につながっています。 都市出身ではないKusabaは、パン焼きや米の長寿などの地元の住民が彼女をコミュニティにアンカーしていると述べた。

12年間セイコーSCMの最高経営責任者(CEO)を務めた草場氏は、次のように述べています。 「と言いました。

だから彼女は収益を守り、東大阪の製造業者を助けるために彼のビジネスに取り組んでいます。

6月には同社のダイキャスト部門を6人から3人に減らし、機械の数も減った。 その場で、彼女はコラボレーションオフィススペースを作成し、固定コストを削減し、生産量を増やす機械とリソースへのアクセスコストをユーザーが支払うことができる「共有工場」を開いています。

クサバは「大型ブランド、大型メーカーが私たちを捨てた」と語った。 「今、消費者と直接コミュニケーションをとる必要があります。頼ることができるのは私たちだけです。」

彼女の決定は、彼女の競争相手のためのより多くのダイキャスト作業があることを意味しますが、Kusabaは、業界全体が台無しになるのを見るよりもむしろそうすることを言いました。

「競争は生存の道ではありません。代わりに私たちは力を合わせなければなりません」と彼女は言いました。

非必須

ファンデミック期間中、「非必須」と分類された青木は、コロナ19で難航を経験する航空業界に振り回されないように努めている。 CEO大阪青木は、食品製造という他の分野に希望をかけました。

彼は肉を加工する機械を設計して作っています。 現在は、オペレータがデバイスを微調整している間、青木工場にいます。

彼は食品業界がより安定性を提供すると予測していますが、Aokiは8月に電気料金が2倍になると予想しています。 800万円の増加でこれをカバーするには、収益が4%増加する必要があります。

日本の製造業は、伝統的に円安が利益を増加させる付加価値製品の販売に依存してきました。 しかし、それはもはや真実ではないようだとAokiは言った。

「私はそれが計算だと思う」と通貨の下落について述べた。 「もう再評価するとき」

製造の伝統

東大阪の変化と実験は、その生存や日本の中小企業文化の生存を保証するものではありません。

東大阪商工会議所の直島うめざきは、「工場が余分なコストを余裕があれば、完全な消滅は見られませんが、(高価格)長引くほど難しくなります」と述べています。

彼は家族所有の会社が永遠に閉鎖し、都市の社会的構造がすでに衰弱していると付け加えた。 最優先課題は、製造伝統を受け継いで保存する人を探すことです。

青木では、22歳のYuto Miyoshiは隣の都市で家族溶接事業を運営する父親の後に続いてCEOに助言を求めました。

青木氏は「父親はしばしば事業運営の難しさについて警告します。

しかし、彼はめったに父親がアルコールを飲み過ぎたので、継承計画は彼に何を意味するのかを遅らせたと付け加えました。

「彼は「あなたが買収したらとても嬉しい」と言いました。」

READ  日本銀行(BOJ)理事会の改編により、あまり鳩のない会員獲得ロイター

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close