日本の観光の急増により、一部の住民が不満を感じています。

1 min read

最近二度にわたって外国人観光客が松本正二の理髪店に半分以上開かれたら、耳障りな音がする玄関口で頭を削りたくなってきた。

一つはイタリア人で、もう一つはイギリス人でした。 75歳の松本さんは両方の言語を使わないので、彼らに何を言うべきか分からなかった。 彼は何十年もの経験が不自然な出会いに勝つことを望んで、はさみを持って切り始めました。

部分的に日本でお金をさらに稼ぐ円の弱さに支えられ、観光客は2022年にコロナウイルス関連の入国制限を緩和した後から日本に注がれてきました。 岸田文夫首相を含む一部の管理者は、次の懸念を提起しました。 過剰観光。 3月には300万人以上の海外入国者が月間記録を立て、2019年3月に比べて10%以上増加しました。

海外訪問者のほぼ3分の2が韓国、台湾、中国出身の傾向があります。 昨年外国人観光客の支出は日本国内総生産(GDP)の約9%を占めた。

日本の古代王室の首都である京都のような都市の人気の場所は、ますます管理が難しくなっています。 富士山近くの小さな町や松本さんが頭を切った京都の商業地区など、以前は観光地ではなかったところに訪問者が注いでいます。

松本氏は最近、土曜日、自分の理髪店の下の椅子に座って「以前は特定の場所で観光客を見るのが一般的でした」と話しました。 「しかし、今は予想外の場所に広がっています。」

これらの流入は一般的に礼儀正しい社会の忍耐力をテストしています。

京都をはじめとする訪問者が多い都市では、一部の住民はホテルの部屋料金が高いか、バスやレストランが混雑しているかについて文句を言います。 他の人は、観光客が時々芸者を追いかけて写真を撮ったり歩いたり食べたりするなど、地元の習慣を無視すると言います。 これは日本で失礼な行動とみなされます。

先月のある日、半広市が京都の平安神宮を訪れるのに、通常より2倍長い6時間かかりました。 バン・ギムン氏(65歳)はバス料金のためにコインを数えてバスを止めて建てる観光客の遅延が部分的に原因だと話した。

イベント主催者のバン・ギムン氏は「ここでは毎日毎日がカーニバルのように感じられます」と話しました。 「私たちは平和に日常を楽しむことはできません。」

観光収入で直接利益を得る人でさえ、それが持続可能ではないかもしれないと心配しています。

京都でタクシー運転手として働く小林久さんは、商売がとても好きで、一日休むのがお金を簡単に見逃す気分だったと話した。 しかし、多くの観光関連産業は、大流行時代の労働力不足から回復し、需要に追いつくために苦労していると彼は言いました。

タクシーが有名な寺院近くのボトルネック支店に近づくと小林(56歳)は「日本人はここに来ると観光客が多すぎて外国の地にいるような感じを受けます」と付け加えました。 「もう京都ではありません。」

一部の農村地域では、初めて緊張感を感じています。 ひとつは静岡県京都から東へ道路で約200マイル離れた富士市です。

富士山がすぐに見える橋が昨年末SNSで人気を集め始めた後、静岡市観光部は Instagramで言った 「美しく夢のような写真」を撮るのに良い場所だったと。 橋が訪問者用駐車スペース、公衆トイレ、ゴミ箱のない住宅地にあるという事実は不明です。

多くの訪問者が進入路にゴミを捨てて駐車し、場合によっては橋中央分離帯で写真を撮るために交通を避けたと住民たちがインタビューで話した。

先月の祝日の間、4日間毎日約300人の観光客が到着し、写真を撮るために並んで橋の横に住む加藤光夫(86歳)が語った。

韓国から来た観光客が富士山を覆っている雲の写真を熱心に撮る中で、最近の日曜日に加藤氏は家の外で「彼らはただここに駐車します」と話しました。 「だから私たちは標識を立てなければなりませんでした」。

日本全域の公務員は観光の急増に多様なレベルの効率性をもって対応してきました。

富士市当局は、車両6台を収容できる臨時駐車場を建設し、車両15台を収容することができ、バスルーム付きのより大きな駐車場を建設し始めたと、地域観光関係者の佐野本宏氏は語った。

近隣県の山梨市では、藤川口湖村の管理者が先月、観光客がローソンコンビニエンスストアを撮影するのを防ぐために看板サイズのスクリーンを設置しました。 彼の青い日よけは山の下にあり、ソーシャルメディアの投稿の不可欠な要素となりました。 今、画面には、電話カメラのレンズが入るのに十分な大きさの穴がドットのように開いていると、地元のニュースメディアは語った。 報告済み

東京の訪問者が多い地域の渋谷で、関係者は発表しました。 夜は屋外で酒を飲むことを禁止する計画だ 若者や観光客の悪い行動を抑える試みです。

そして、駅の標識が訪問者に「礼儀を守ってください」と要請する京都では、政府が今月から観光客のための特別バスを運行し始めました。

一部の住民がおやつを食べている数多くの観光客の間を照らして入って服に油汚れが生じたと文句を言う錦市場で吉野山岡は自身が運営するバーベキューうなぎレストランの外にかかっている2つの看板を指していました。

二人とも英語で「歩きながら食べてはいけない」と話した。 1つは大きなフォントを持ち、テキストには赤い下線が付いていました。

「人がそれに従わなかったので、私はより厳しい口調でこれをつけました」と63歳の山岡氏は、より大胆な標識について話しました。 しかし、彼女は彼の新しいアプローチがあまりにも厳しいかどうか疑問に思いました。

「事業は観光客にかかっています」と彼女は言いました。

最近の週末に人派に勝つために、一部の観光客は日の出時に京都の人気スポットを訪れるか、午後11時に人気のラーメン専門店で食事をするのに40分待ちました。 何人かの観光客は彼らがもたらす混雑について文句を言った。

人気のスポットである清水寺を去ったオランダ観光客ポール・ウストベイン(70)は「これは災いだ」と話した。

空の理髪店で松本氏は、2人の外国の顧客の頭を首尾よく切り、自分のドアを偶然見つけた他の人を無視しないと述べた。

しかし、彼は自分が理解できない顧客に質の高いサービスを提供することを心配し、日本語を話すことができない人が他の場所に行くことを好むと言いました。

観光が国家にとって良いのに、彼はラジオを通じて「完全に満足できない部分がある」と付け加えた。

READ  米国、リアルタイムデータ共有のために台湾および日本のドローン艦隊と連携
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours