スポーツ

日本の角田、感覚テスト、F1シーズン開始」興奮」

日本の角田ユキは日曜日プレシーズンテストでルイス・ハミルトンと他の世界チャンピオンを抜いて新人フォーミュラワンキャンペーンを開始することになり、非常にうれしいと語った。

20歳、彼は3月28日シーズンの開幕式のバーレーングランプリが開催される社ヒルで行われた3日間のセッションの中で二番目に良い時間を記録した。

Tsunodaは日曜日AlphaTauriで91ラップで1分29.053secの最高記録を設定し、Red BullのMax Verstappenの1:28.960のみ勝ちました。

「我々は、いくつかの小さな歯の問題があったが、テストで期待できるのです。」とTsunodaは言いました。

「私たちはすべてのものを解決するためにここにいます。私たちは、レース当日に可能な限り最高のパッケージを得ることができます。

「今後数週間続い懸命に働くもので始めることになって嬉しいです。」

角田は、最終的にメルセデスを征服したメルセデスの全5番目に速い7回の世界チャンピオンハミルトンよりも速い。

4回の世界チャンピオンセバスチャン・ベッテル(Sebastian Vettel)は日曜日に低い17位を記録し、同僚のタイトル勝者であるキミ・ライコネン(日曜日4位)と2回チャンピオンのフェルナンド・アロンソ(9位)も角田に続いた。

昨シーズンMonzaイタリアグランプリで優勝したAlphaTauriチームメイトPierre Gaslyさえ12番目に速い日曜日を管理することができました。

「今日P2で車の外にジャンプすることは良い感じです。もちろん、テスト日のだけなので、あまりにも先に行くことができません。しかし、3日を最高に仕上げることはお勧めします。」185を記録したTsunodaが付け加えました。 3日間のラップ。

「私はここ数日の間に多くのことを学んだチームのための重要なデータを収集した。今、再び戻って最初のレースに先立って分析することです。

「私は今ここに多くのランニングを完走し、トラックをよく理解することができたので、シーズンが始まるまでもすぐにここに戻ってくることができるということがすごいと思います。」

AlphaTauriチームでDaniil Kvyatを交換したTsunodaは2014年Kamui Kobayashi以降Formula Oneでの競争した最初の日本のドライバーです。

キーが1.59メートル(5フィート3インチ)である小さな角田はフォーミュラ2選手権でイギリスのチームカーリンとデビューシーズン3位を終えた後、12月にFIA今年の新人賞を受けました。

AlphaTauriは昨シーズンコンストラクター選手権で7位、Gaslyは、ドライバのタイトルレースで10位を獲得した。

dj / td

READ  Einarsonの5連勝連勝、ワールドカーリングプレイダウンで日本に敗北

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close