経済

日本の記録的な平均最低賃金引き上げ、高騰生活費に対応不可

日本データ

労働経済政治


日本の最低賃金は2022年度に平均31円引き上げられる予定です。 これは、日本が2002年度から1時間当たり最低賃金を記録し始めて以来、最大の印象になります。 しかし、インフレが上昇するとは、引き上げられた金額が急速に支出されることを意味します。

2022年8月2日厚生労働省小委員会は、後藤重行の代わりに時給平均賃金を31円引き上げることを勧告したと報告した。 これは2021会計年度の28円引き上げより高いものであり、日本が2002会計年度に加重平均時給最低賃金を記録し始めて以来最大印象幅となるだろう。 この勧告に従う場合、全国平均時給最低賃金は961円となります。

基準で都道府県は経済状況に応じてAからDまでの4つの都道府県に分かれ、A、Bの17の都道府県は最低賃金を31円、C、Dの30の都道府県は最低賃金を引き上げる。 。 30円上昇を見てください。 正確な賃金引き上げ額は各都道府県市議会で指針に従って決定し、10月頃から新しい最低賃金が導入される予定だ。

ウクライナ事態や円安などで物価が上がり、労働者たちが困難を経験しており、最低賃金引き上げが緊急だということに労使共に共感している。 問題は特に中小企業の場合、高価な原材料コストが製品とサービス価格に十分に反映されず、利益に負担をかけており、自身の支給能力を監修しなければならないと主張しているという点だ。 アカウント。 これまで4回会談を行ったが、賃金引き上げ幅と算定方式について合意がなされず、隠れた話が続いている。

政府は去る6月、内閣決定を通じて採択された経済財政改革基本方針で加重平均時給最低賃金1000円を一日早く達成するために努力すると明らかにした。 現在1,000円を超える県は東京(1,072円)、神奈川(1,071円)、大阪(1,023円)の3か所だけだ。 時給が900円以上の県(950~999円)は埼玉県、千葉県、愛知県、京都県、兵庫県に限定され、これら5県すべて都市化が激しい。 28歳の日本県の半分以上が時給900円未満です。

(日本語翻訳。バナー写真©Pixta。)

雇用
最低賃金

READ  日本:首相はLGBT平等を支持しなければならない

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close