日本の記録的な63%が財政的に不快感を感じると政府調査結果が出ました。

Estimated read time 0 min read

経済的に余裕がなく経済的に安定する可能性がない人の割合は63.2%で史上最大値を記録した。 内閣府調査結果が出ました。

内閣府関係者によると、物価上昇を反映した今回の結果は、2008年の調査にテーマが追加されて以来最悪だった。

社会意識に関する世論調査では、回答者に社会に不満がある理由を選択するようにし、複数回答が許された。

全体の回答者の28.6%が子育ての困難を挙げた。 その後は青年たちが社会で自立しにくいという28.2%、女性が社会で活躍しにくいという26.2%の順だった。

日本が悪い方向に向かっている分野を問う質問には、物価上昇を選択した割合が最も高い69.4%で、2022年に実施した過去の調査の70.5%とほとんど変わらなかった。 財政状況が58.4%でその後に続いた。 経済は58.1%である。

アンケート調査では、大衆が社会を優先すべきか、個人生活を優先すべきかを質問しました。 社会に対する強調が必要だと考える割合は55.3%と3.1%減少したのに対し、個人の生活を選択する割合は43.8%と3.9%増加した。

今回の調査は昨年11月16日から12月24日まで18歳以上3000人を対象に実施された。 有効な応答は57.1%でした。

READ  コロナ19が消費を直撃し、輸出好況にもかかわらず、日本のインフレ率は安を見せた:ロイターの世論調査
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours