経済

日本の語学研修を終えたPH医療従事者

日本の – フィリピンの経済連携協定に基づいて、日本に向かう第13期フィリピンの看護師・看護師候補生の日本語予備日本語研修閉会式が8月26日、仮想的に開かれた。

在韓日本大使館を代表して214人の候補者に祝辞を伝えた告示わ和彦大使。 労働雇用部シルベストベロ3次秘書室長のビデオメッセージも発表された。

この席には、フィリピン海外雇用庁長Bernard Olalia、海外労働者福祉庁長Hans Leo Cacdac、Japan Foundation ManilaのSuzuki Ben、Nihongo Center Foundation Inc.のPhilip Sanvictores、Japan International Corporation of the Japan International CorporationのTsunoda Takashiが参加しました。 福祉サービス。

コロナ19によりPJLT授業がオンラインで行われました。 対象者には生活費とインターネットの資金が提供され、教育期間中にコンピュータタブレットはローンで提供された。

フィリピンの海外雇用庁のBernard Olalia

日本に到着すると志願者は、日本の病院や介護施設で働いて前に4ヶ月の間に集中日本語教育を受けることになります。

READ  NadeshotはApex LegendsツイートにTSMに沿って、日本に進出した100 Thievesのヒント

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close