トップニュース

日本の議員が有権者に到達するために、クラブハウスアプリに登録

TOKYO-誰話しているか見てください:リリース1年足らずで、日本を襲ったか月ぶりに音声ベースのチャットアプリでClubhouseは、大規模な集会がないとき大衆と疎通するために議員の間でファンを探しています。 質問です。

デジタルトランスフォーメーション長官である平井拓也(Takuy​​a Hirai)は火曜日の夕方のプラットフォームで「日本のインターネットの父」として知られる慶應義塾大学教授の村井た(Jun Murai)のような他のゲストと一緒に社会の中での技術の採用を促進する政策を議論するスタディグループに参加しました。 約50分間の講演は、2,000人を超える人々をドラッグかけました。

この日の行事は、与党自由民主党の宮地琢磨と憲法民主党の中谷一馬など4人の若い議員が主催した大衆との対話が続いた。 人民民主党の玉木雄一郎代表もその日の朝のような方法で、有権者との関係を結んだ。

2020年初め、米国スタートアップAlpha ExplorationによってリリースされたClubhouseは、いくつかのパーティーラインは、いくつかトークラジオは、いくつかのライブポッドキャストや一部のビデオフリーズーム通貨である招待専用アプリです。 ホストとゲストが対話を交わし、ユーザーは参加することができます。 全世界で200万人以上のユーザーを誇るこのプラットフォームは、インフルオンソが参加するイベントを計画することができる機会を提供しています。

先週、米国の技術起業家Elon Muskが言及した後、アジアでアプリへの関心が急増しました。 Clubhouseはさらに、中国のユーザーをドラッグドゥルヨトヌンデ、それらAppleのApp Storeから国の設定を変更して、アクセス権を獲得しました。 中国のユーザーは、当局がアクセスをブロックする前に、異常にフォーラムに参加しました。

READ  伊豆諸島の三宅村御蔵島村に「大雨特別警報」の命の存続行動を - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close