スポーツ

日本の豪雨で建物浸水、少なくとも3人が死亡

日曜日集中豪雨で、日本西部地域の道路や建物が水に睡眠引っ張ら長野県中部で地滑りが発生し、3人が死亡したと伝えられた。

日本のほとんどの地域は、特に最南端の九州島に記録的なレベルの降雨量が発生して川が氾濫して地滑りが発生しました。

日曜日の午前現在、九州のほとんどの地域で雨がとどまった一方、東京をはじめとする全国各地に大雨が降っています。

日本政府は、日曜日の午後豪雨の中で閣僚会議を開催すると教徒が報じた。

ダウンロード NBCニュースアプリ ニュースと政治速報のため

九州佐賀県武雄市ではウェットスーツを着た救助隊員がゴムボートを集めて被害を調査しながら、道路全体が水にロックされています。 地元の人々はほうきとバケツを持って膝まで水を迷いました。

診療所が浸水した68歳の医師であるToshimi Kusumotoは「今までこのような洪水を三回経験したが、これは最悪の洪水」と言いました。

Kusumotoは病院のすぐ後ろに位置して、自分の家の2階で、家族と一緒に雨を待っていたと言いました。

彼の家にも水が届きました。 つまり、1階にあるほとんどの家電製品を交換する必要がしました。 彼のガレージは、おそらく水の圧力により形状が変形しています。

彼の息子Daigoは家族が洪水に備えたが、大雨がその地域を襲っている頻度が気になって地面を高めるために家を建てることを考慮してと言いました。

彼はわずか4年前に家を犯し、すでに二回の洪水を経験しました。

「このようなことがよく起こるちょっとそうです。」 大悟が家の前で泥を流し送った。

2019年にだけアクセス記録的な豪雨で3人が死亡しました。 当時、政府は、これらの大洪水が数十年に一度だけ発生するものと推定しました。

「ところで何ができるの?」 豊島米肩をすくめて言った。

地域のスポーツセンターで介護者として働く原口隆行(68)氏は、土曜日に雨が降るときの被害をしばらく調べに来た。

彼は土曜日の朝に見たものを回想し、「海と別段変わらないに見えた」と話した。

彼は泥にはまったお茶と交換する必要が自販機を指摘した。

佐賀県の他の地域では、地域の病院の患者113名と同じ敷地にあった特別養護老人ホームの居住者69人が洪水のため、安全高層に避難した公営放送NHKが伝えた。 NHKの映像には、病院の建物とその周辺地域が水に浸って病院の駐車場に駐車された車のタイヤの上に水がみなぎる姿が入れられた。

NHKは日曜日正午基準に長野中部岡谷市の住宅に地滑りが発生し、10歳未満の少年を含めて3人のバイタルサインがなかった他の3つの県では、4人が行方不明になったと伝えた。

READ  ケニーオメガ、AEWコルオプ前に日本から引退して購入する計画を明らかにした。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close