日本の財政政策と通貨政策は反対方向に動いている。

Estimated read time 1 min read

編集ダイジェストを無料でロック解除

日本銀行(BoJ)がインフレ目標である2%を継続的に達成するまではまだ「行く道が遠い」と上田一雄総裁がフィナンシャルタイムズグローバル理事会で語った。 これは非常に重要な目標です。 したがって、超緩和通貨政策を正規化するための中央銀行の遅くて慎重なアプローチは、かなりの意味があります。 しかし、選挙政治問題を除けば理解しにくいのは日本政府の財政扶養策計画であるが、その計画の大半は来年半ばに行われる予定である。 岸田文夫首相はまた考えなければならない。

BoJが先月の会議で発表した最近の金融政策調整では、中央銀行は10年満期の国債利回りに対する1%の上限を厳格な上限から「基準」に変更し、これを基準に「迅速に」適用する予定です。 資産購入」を行います。

この動きは理解度の面でゼロ点を獲得しましたが、その後に隠れた戦略は十分に堅牢です。 上田首相は、日本のマイナス金利と他の地域の5%金利とのギャップがあるため、円の価値が150円を下回り、市場圧力にわずかな調整を加えながら、できるだけ簡単な方針を維持しようとしています。

日本のインフレ率が数ヶ月間2%を超えたにもかかわらず、上田が実質的な緊縮政策を延期したのにはいくつかの理由があります。 まず、彼が指摘したように、日本の物価への圧力の大部分は輸入から来ており、国内賃金は依然として長期的にインフレ目標を達成するのに十分速く上昇していません。

第二に、上田首相が中国と米国の見通しに対する疑問を強調し、グローバル金利はある時点で反転する可能性が高いです。 日本にはインフレを安着させる窓がありますが、長く行かないこともあります。 第三に、目標以上のインフレは金利引き上げで解決することができますが、日本は物価が不足した場合に金利を引き下げる余力はほとんどありません。 したがって、より高いインフレを選択することは合理的です。

これに比べて岸田政府の財政政策は理解しにくい。 先週は理論的に国内総生産(GDP)の3%まで拡大できる浮揚策を発表しました。 見出しの数値は通常、日本の扶養策の実際の価値を誇張しています。

このパッケージには、家計に対するかなりの規模の税の減額と払い戻し(1年間しか持続しないため、消費への影響は疑わしい)だけでなく、投資を奨励するように設計された合理的な法人税の変更も含まれています。 全体的に、経済学者は成長に大きな影響を与えるとは思わない。 このパッケージには、不機嫌そうな有権者の歓心を買おうとする人気のない政府の強い感じがあります。

過去30年間、日本は景気後退とデフレのリスクを解決するために財政扶養策が何度も必要でした。 そのような扶養策の1つの目的は、常にポジティブなインフレを通じて経済をより健全なバランスにし、金利を変更して景気循環を管理し、予算赤字を制御することを可能にすることでした。 急な政策の緊縮を避けることは依然として重要です。 しかし、中央銀行がついに別の方向に動いている状況で財政政策を緩和するのは間違っています。

そうすれば、日本銀行がすでに上田が「深刻な挑戦」と描写した簡単な政策から抜け出すことがさらに難しくなる危険があります。 また、グローバル経済衝撃が迫ったときに必要な不足した財政空間を使用することになります。

過去30年間にわたり、日本銀行は時期的に税の引き上げによって方向を失いました。 次の間違いが別の方向に進むと、さらに残念です。

READ  ロシアに対する日本の経済制裁
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours