経済

日本の資金事業者は、過去3ヶ月間にほぼ600億ドルの国債を売却しました:ブルームバーグ

ゲッティイメージズによるG0d4ather/iStock

米国財務省証券の最も大きな海外バイヤーである日本の機関管理者は、過去10日間にほぼ600億ドル相当の国債を売却しました。 連盟の緊縮政策とより高い通貨ヘッジ費用で過去3ヶ月間、 ブルームバーグ 月曜日、BMO Capital Marketsのデータを引用して報告しました。

BMO金利戦略家であるベン・ジェフリーは、ブルームバーグとのインタビューで、「これはかなりの量の売りであり、私たちが2017年初めに日本で見たものと同等です。 。

他のすべての条件が同じである場合、米国のより高い金利は、一般的に海外の国債純買収者にとって魅力的です。 しかし、世界で数少ない先進国の一つである日本の場合、通貨緩和政策を推進しており、日本円が20年ぶりに最低値に落ち、米国国債の通貨費用が2年ぶりに最高値を記録しました。

通貨ヘッジ費用は、月曜日の早朝現在、10年のUST利回り(TLT)の2.95%から1.55%まで上昇しました。

ヴァンガードグループのポートフォリオマネージャーは、「連邦がインフレを抑えるために積極的なペースで銀行間融資金利を引き上げることが予想されるため、今回の措置は、国債がおそらくより魅力的な水準に達すると買収するだろう」と述べた。 ブルームバーグが報じたジョン・マジア。

三菱UFJ コクサイアセットマネジメントのトップファンドマネージャーであるタツヤ・ヒグチは、短期的に「ヘッジコストが低い可能性があるため、ヨーロッパに投資する方が米国よりも優れている」とBloombergに語った。

日本関連ETF:iShares MSCI Japan(EWJ)Invesco CurrencyShares日本円(FXY)およびWisdomTree Japan Hedged Equity(DXJ)。

先立って(4月19日)、円は50年ぶりに最も長い損失行進を続けた。

READ  Toshibaは成長の道を行っているが、成功に向けて長い道のりに直面しています。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close