経済

日本の購買担当者としての最初の日:サハグループ会長の話(7)

分シティチョクァタナ タイの主要消費財であるSaha Groupの会長です。 礫。 これは、30部作シリーズのパート7です。

1954年春には、Pan American Airwaysフライトがバンコクで離陸し、6時間後に香港に到着しました。 私はSaha Pathanapibulがすでにオフィスを運営している都市で一週間を過ごした。 平日に父は実業家に必要なスーツ、靴や他のものを買ってくれました。

香港で東京までの飛行機旅行は、沖縄での燃料補給に必要な時間を含めて16時間がかかりました。 当時沖縄は米国の管理下にありました。 航空機が空港に着陸し、乗客が窓の外を見ることができないように窓を妨げるものを下すました。 燃料を補給した直後離陸した飛行機は、誰も残すことができませんでした。

私たちは、夜8時頃、東京に到着した。 出発前に父が日本にいる私たち国民に私たちの旅を知らせる電報を送ったので、父が大阪に設立した貿易会社である響子の東京支社の従業員10人余りが空港に私たちに会いにきた。

車窓から広がる東京の風景に圧倒されました。 バンコクよりもはるかに大きく、活気に満ちた都市、香港に深い印象を受けました。 しかし、東京はもっとそうだった。

都市はまだ夜に暗かった。 韓国戦争が幕終わっ距離で米軍兵士を見ることができました。

東京から大阪まで東海道本線に乗って移動しました。 新幹線はまだ登場していない。 車窓から満開し始めている桜の写真でのみ見た富士山が見えた。

日本の田園風景も、タイの田舎の風景とは全く異なった。

田舎に散らばっている家は非常にきちんとしてすっきりした。 日本で生活し始めながら、すべての人々が勤勉で時間を厳守し、緊張感を持って働く姿に驚きました。

タイでは、従業員が決められた時間に出勤して、オフィスを離れることさえ期待していなかった。 当時サハ従業員は休みがなかった。 後で、日本でのスケジュールを終えて家に戻ったとき、私は父に日曜日に従業員に休暇を与えることが示唆されました。

大阪に到着して響子の本社がある心斎橋に行った。 思ったより建物が多く、ネオンサインに明るく明らかになった街を発見した。 敗戦10年後、日本は急速な経済成長の頂点に立っていました。 タイも日本で学べば、経済発展を遂げることができると思いました。

私はバイヤーとして働いたタイの本社と連絡する役割もしました。 父は、業務上のコミュニケーションのため、通常急な時漢字で書いた手紙と電報を送ってきた。 その手紙と電報で、彼は私が彼に送った製品に対して、彼が望む製品を説明したり、コメントしていました。

彼のメッセージを簡単かつ具体的に終了した後私は従業員に「この製品を300数十個購入してください」のような指示を出しました。 または “価格が高すぎる。」

例えば、魔法瓶。 普段はお湯を入れるために書くと思うこと思いますが。 しかし、冷蔵庫を多く使用していない、タイでは、飲み物と氷を一緒に入れて冷たく維持するために魔法瓶を使用しました。 日本では、氷を簡単に入れることができる口が広い魔法瓶を購入することができました。 香港では口が狭い魔法瓶のみの販売された。

私たちは、ビジネスパートナーに有名な西洋のブランドの製品のように見える製品を作ってもらう要求します。 パーカー万年筆とシェ万年筆は、タイでの人気が多かったが、タイ一般消費者にはあまり高かった。 私たちの日本のサプライヤーは、似たような形の製品をより低コストで作成私たち自身のブランドで販売しました。 袖口とベルトのバックルも同様でした。

私はこのビジネスモデルは、今日、私たちを深刻な問題に欠かせことをよく知っています。 しかし、当時は物が不足しているとき、その物がよく売れたことを覚えてください。

私たちはまた、日本で終戦直後Hondaが発売した電動自転車の炭火焼きとYamahaハーモニカを買って、タイに輸出しました。

ほとんどの日本のメーカーは、当時、小さな工場に過ぎました。 銀行は多くのお金を貸さず、私はそのような事業がたくさん網することしました。

輸出に熱心なだけ私が訪問する工場を見せて信用状を示して注文を接触もした。 私は彼らの製品を改善することができる方法を指摘したとき、彼らはすぐに答えた。

日本の中小製造業の企業がどのように困難な時期を乗り越えて大企業で成長することができたのか間近に見ることができたのは幸運でした。

私が見ては、すべてが私の記憶の中に刻まれている。

このコラムは、日経の「私の個人史」(「わたしのリレー紀章」)自伝シリーズの一部です。 このシリーズは、1956年Nikkeiに初めて登場しました。 それ以来、世界を変化させる様々な人々が出版のために自分の人生の物語を書いたり、口述してきました。

READ  小さなのに大画面。 iPhone 12 miniは、日本の需要に対応する5Gスマートフォン(シノ純也) - Engadget日本版

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close