トップニュース

日本の趣を感じることができる、中国の商業と住宅団地

大連、中国で – この週末、中国北東部遼寧省大連に日本をテーマにした巨大な商業および住宅団地がドアを開ける。

600,000平方メートルの複合中京都スタイルの町区が建設され、日本で最も大きな町の一つとなった。 地元の不動産開発会社であるDalian Shuyuan Groupは60億元(9億2500万ドル)の費用で建設されたこのプロジェクトを推進しています。 Panasonicのような日本企業は、この地域を日本の商品を宣伝するハブにすることを希望しています。

「湯リトル京都」は、大連市内から車で約1時間の距離にあります。 伝統和風家屋が並んで並んだこの地域は、京都のねん坂の斜面と有名な仏教寺院であり、観光名所である清水寺周辺の他の街並みをモデルにしました。

ここを訪れた57歳の無職の男性は、「京都のような雰囲気がいい」と話した。 彼は日本の陶磁器を2000元に買った。

土曜日に開催されるこのプロジェクトの第1段階は、ショッピングエリアにパナソニック家電店、広島銀行が後援する日本西部広島県特産品を販売する店、北の島の他の商品を販売している店を含むショッピングエリアに29店舗がています。 北海道の。 有田焼、化粧品、和菓子、ラーメン、焼肉バーベキューを販売するお店やレストランもあります。

店は、日本の企業や合弁会社が独占的に管理します。 Dalian Shuyuanの副社長であるZhang Yangは「彼らが提供するすべての製品は、日本産です。

他のビジネスを誘致するための交渉が進行中です。 3段階の開発が完了すると、合計83個の店ができます。 開発者はまた、医療施設を建設するかどうかを検討しています。

このプロジェクトには、83個の家庭式ホテルと1,300個の和風別荘が含まれ、各ヴィラには、温泉があります。 建設は2024年に完了する予定です。 ヴィラは、それぞれ約500万元に行くものであり、最初の290個程度はすぐに完売になることが予想されます。 開発者は、この地域が2021年のヴィラ販売を含む10億元の売上高を創出するものと期待しています。

京都スタイルの村を再現することは、日本の7つの建築会社のグループの助けを借りていました。 JCAP7というグループは、京都の住宅との距離の高さと幅などのデータを収集して町区を設計するために使用した、東京に拠点を置く建築会社Japan Power MediaのNagai Kose社長によると、グループ。 瓦のドアは、日本から輸入された。

京都スタイルの村はCOVID-19疫病が発生する前に、1年に600万から800万人の観光客を巻き込んだ展覧弾ビーチリゾートの一部です。 Zhangは、「少なくとも300万人がリトル京都を訪問することが予想できます。」と言いました。

大連は日本と長年の関係を維持しているが、政治的リスクを管理するには、複合団地を慎重に管理する必要があります。 東京に拠点を置く非営利団体であるGenron NPOによると、中国人の約45%が、2020年に日本の「良い印象」を受けており、これは2013年より約40%ポイント増加した数値です。 日本の商品や観光の人気による急激な上昇は、リトル京都コンプレックスに光を放つことが期待される。

しかし、例えば、台湾の問題をめぐり、日本と中国の間に政治的不和のリスクが常に存在します。 プロジェクトのスポンサーは、彼らが好きなだけの成果を収めるためには、中国の情緒に細心の注意を払うことです。

READ  日本は変形ロボットボールを月に送ることです

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close