日本の踊りの時間:技術と体力を兼ね備えた豊富な才能

Estimated read time 1 min read

泣く ワールドカップ 必ずしも期待されるわけではありませんが、常に許可されています。 流れる涙の種類も多様だ。 トーナメントの終わり、時代の終わり、4年周期の終わりを批准する頬に乗って流れる涙がある。 彼らは、巨大な瞬間のために特別に保存された漂う反対よりも一般的です。 彼らは北に移動し、公に自分自身を追放するあなたの緊張してねじれた内臓から転がる感情から変形した泣き声です。

水曜日の夜、Al RayyanのKhalifa International Stadiumでフルタイムホイッスルが鳴った後、数秒でカメラはSamurai Blueを着た人が最後の息をするまで一緒にする瞬間に焦点を当てました。 日本信者たちは歓呼し、腕を差し出して自国代表チームに感謝を表わす姿をすべて捕捉した。 しかし、あるファンは最善を尽くしましたが、続行できませんでした。 彼は叫んでいた。 彼の目は腫れていた。 あごはピンクだった。 彼の眼鏡にキムが霜だった。

その涙? ほとんどのファンが4年ごとにワールドカップから流れるのと正反対です。 彼らは最近、ワールドカップの優勝国である強国を相手に一切の信念を所有するために大胆に自分自身を大胆にした副産物です。 ドイツ日本 これがカタールでの旅の始まりに過ぎないと信じています。 彼らはE組の開幕戦でドイツを2-1に破り、翌日のトーナメントを通して衝撃波を起こしました。 サウジアラビア 気絶 アルゼンチン

Yuta Nagamotoのミックスゾーン出演スニペットは、次のようにまとめられています。 「Bravo! ブラボー! ブラボー!」

これはワールドカップで、そうです。 これらの性格の混乱は常に尊敬されています。 しかし日本を巨大な弱者と嘆くことは要点を逃している。 日本男子代表チームを掲げたフローチャートを無視している。 崖の上 アジア最高のチームであるだけでなく、ワールドカップのようなグローバルトーナメントで力を発揮できるチームだということ。

森康ハジメ(Hajime Moriyasu)日本監督は「私たちはグローバルスタンダードに達している」と話した。 「アジアサッカーで私たちの能力を見せています。 私たちがゴールを決めたとき、我々は続けた。 忍耐がなければ行けます。 最後の瞬間まで強靭しなければこの瞬間を捕まえることができる」と話した。

サムライブルーは、それを押収しただけではなく、覚えておくべき後半でドイツ人の意志と信仰を奪った。 専門家は絶賛しました 日本が疲れたドイツ守備を日常的にいじめられるようにしたモリヤスの交代パターン。 実際、日本は引き続き上がる可能性を考慮すると、後半前に2ゴール以上を得点する資格がありました。 その結果はさておき、そしてそれは日本の男子チームの歴史の中で最大のものです。 前半戦で圧倒された森林は、試合の顔色を変えた複数の攻撃者を投入でき、潜在的に今回のワールドカップを変えることができました。

そして彼らはすべてヨーロッパの最高のリーグクラブで攻撃的なミッドフィルダーやウィンガーです。 日本がブーストが必要なとき、森山は25歳の選手を投入しました。 ブライトン ウィング選手 水戸薫 長本バックアウトサイドのベテランを脱いだ。 より新鮮で才能があり、汎用性の高い選手たちはその後に続きました:最終勝者、28歳 浅野たくまVfLボーフムで走っているガベンチから出た。 そして24歳のウィンガーがやってきた。 ドアン・リッツ「と日本メッシュ”同点骨を入れた一部。

これはおそらく日本で最も人気のある選手の一人である元 リバプール 男性 南野たくみサムライブルーは、ドイツと比較してダイナミックなスピードの変化を続けることができます。

ASローマのジョセ・ムリニュー監督は、今週のドイツに対する日本の勝利について言及するよう求められ、その結果は彼に「クレイジーな驚き」ではないと述べた。 ムーリーニョはヨーロッパで最高のリーグで日本の才能の流入を認めた。

ムーリーニョ監督は「チーム内の選手たちの精神力も差をつけることができると思う。 「今のヨーロッパサッカーでは、個人と自我に大きな焦点が合っていると思います」

日本のグループは、実を結ぶのに数十年かかった才能と汎用性を持っています。 日本ロースターの19人の選手は、イングランド、ドイツ、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、スコットランドのリーグで海外でプレーしており、そのうち8人はドイツに基づいています。 様々なクラブのためのセブンプレイ ブンデスリガ2つのゴール得点、DōanとAsanoが含まれています。

Moriyasuは、ブンデスリーガがドイツに衝撃を与えた後、この日本チームに及ぼす影響について質問を受けました。 「私たちはそれに感謝し、尊敬しています。 多くのドイツ人が日本のサッカーに貢献し、助けてくれました。 今日は日本が勝った。 しかし、日本はドイツと世界から学び続けたいと思います。」

1998年から2010年まで、日本は海外でプレーするワールドカップリストに5人以上の選手がいませんでした。 2014年、日本が急に海外クラブサッカーに12人の選手を持つようになり、状況が変わり始めました。 それ以来成長しました。 そして世界最高のリーグは明らかに注目していました。 ドイツに対する勝利はまた、深刻な攻撃の深さにもかかわらず、サムライブルーが状況を台無しにすることができ、必要に応じて醜いプレイまたは勝つことができることを証明しました。 CONCACAFの国際的な試合の荒くて質の高い特性に精通している人々は、身近なタイプの物理的特性を見ました。 しかし、日本は戦術的な反則以上です。 彼らはお湯に落ちない種類のファウルでいっぱいのチームです。 彼らの14(0の反則)からドイツの6つの反則は、森安計画が発効し始めた後半初めまでに必要な措置を取ったことを示しました。

総シェアは26%にもかかわらず、彼らは勝利しました。

最後の30分間、逆襲の正確さが全面に現れ、最終的に日本がこれまでに最も意味のある勝利を収めた試合を見ていたら分からないでしょう。

しかし、近いうちに私たちはこのような記念碑的な結果について感情を集めて誇張の犠牲になりたいかどうか悩むべきでしょう。 なぜなら、真実は日本がドイツに勝ったのとサウジアラビアがアルゼンチンに勝ったのと同じではないからです。 日本は何十年もの間ワールドカップの成功の扉を叩いてきました。 日本は1998年以降3回にわたって16強に進出し、再び16強に進出できる絶好の機会を迎えた。

優勝後、ミックスゾーンで34歳の日本の主張 吉田まや beIN Sportとのインタビューでこう言いました。 「これがサッカーの美しさです。 時々発生します。 今、スポットライトは私たちの側です。 踊る時間だ」

今、そして未来にも踊ります。 このロースターで30歳以上の外野手は4人だけだ。 日本はアジアが長い間待ってきたスポーツ基盤との競争に対する答えになるように作られました。

日本の人々は衝撃を受けません。 公営メディアのNHKワールド – ジャパンはドイツ戦の勝利結果をTwitterに掲載しました。 「何も奇跡ではない」

(写真: Heuler Andrey/Eurasia Sport Images/Getty Images)

READ  ロッテが拡散した後の初優勝1回藤原牽引初安打 - プロ野球:日刊スポーツ
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours