経済

日本の輸出、2年ぶりに初の増加、エコノミーニュース&Top Stories

TOKYO•日本の輸出は先月、中国での出荷に支えられ、2年ぶりに増加しており、政府のデータによると、コロナウイルスの復活の中で輸出主導の回復を期待する政策立案者たちに希望がかすかになった。

輸出の回復は二番底の景気後退のリスクを軽減することができる一方、日本の銀行は昨日、金利見直しでは、次の会計年度の成長見通しを上方修正しました。 中央銀行は、政策に頭角を示しました。

それにもかかわらず、日本の出荷回復速度は、中国、台湾、韓国などの隣接輸出ハブに比べて薄くなり、これはチップと技術製品の世界的な需要のために二桁成長を示しました。

アナリストはまた、伝染病の流行レベルに達して、ヨーロッパやその他の地域では、ウイルス感染がまだ急増し、日本の出荷の回復が今後数ヶ月以内に低下すると予想します。

昨日財務省資料によると、日本の輸出は前年比2%増加し、ロイターの世論調査で経済学者たちが予想した2.4%の増加よりも若干低かったが、前月4.2%減少から増加した。 2018年11月以来初めて年間増加率を記録した。

地域別では、日本の最大の貿易パートナーである中国への輸出が、プラスチック、非鉄金属、その他の原材料の出荷を主導して先月まで10.2%増加した。

自動車と電子製品のような日本の商品の主要市場である米国での出荷台数は、飛行機と、チップ製造装置によって、先月に比べて0.7%減少しました。 日本の出荷量の半分以上を占めるアジア向け輸出は6.1%増加した。 欧州連合での出荷は1.6%減少しました。

輸入は、先月まで11.6%減少し、これは約中間推定値と一致して751億円(96億S $)の貿易黒字をもたらした。

ロイター

READ  日本の企業は、COVIDヒットにもかかわらずFY2021にCapex反発

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close