日本の農村地域の人口が減少しています。 循環経済が地域経済の活性化をもたらすことができるか? – ヨーロッパのスティング – ヨーロッパの政治、経済、外交、ビジネス、技術に関する重要なニュースと洞察

1 min read
  • 日本の農村人口が減少しており、地域経済を再設計しなければならない緊急の必要性と持続可能な循環経済を導入する機会が台頭しています。 日本企業が地域経済の発展を積極的に活用し、長期的な生存の可能性を追求することは、循環経済への成功した転換に不可欠です。 日本政府は、日本の農村人口減少への希望となる循環経済への意志を再び強調しています。

高齢化する日本では続く 人口減少 そして成長している 都市部に人々が集中 農村人口の自然な減少を招いており、地域経済を再設計することが緊急の問題となっています。 同時に、これらの人口統計学的変化は、持続可能な循環経済と再生可能エネルギーのさらなる使用を促進する機会を提供します。 そのためには、地域の豊かな天然資源を活用しながら、経済活性化のための革新的なアプローチを模索しなければなりません。

地域経済の活性化

地域活性化は単に経済を活性化する以上の役割を果たします。 これは人口減少の中でも農村地域で繁栄し、持続可能な生活を享受する可能性を開きます。 この努力は自然保護に根ざしているだけでなく、次のような影響を受ける地域の環境を保護します。 人口減少これは国土面積の約60%、地方自治体のほぼ半分を占めています。 これは、天然資源を放置するのではなく、責任ある使用を通じて生態系を保護します。 炭素ゼロ目標を達成し、天然資源を再生するために自然への肯定的な経済変化への移行には、環境保全と経済成長を調和させる新しいモデルが必要です。 これには、地域社会レベルで既存の経済パラダイムに大胆な変化が必要です。 ふるさと (フルサトノジェイ) – 日本政府が導入した税額控除寄付制度は、2008年の発足以来、地域経済の活性化に貢献しました。 住民が希望する自治体に寄付し、その代価として税金控除を受けることがアイデアです。 。 農村地域への寄付金の量は着実に増加しています。 政府は、2016年に企業用古里のノゼイ(Furusato Nozei)を発売しました。 Yahoo!ジャパン株式会社例えば、炭素中立になるための目標の一環として、プログラムを通じて8つの地方政府に寄付しました。 一つ ケース同社は鹿児島県大崎村を寄付対象者に選定し、12年間、リサイクル率が全国で最も高い所と認められました。

再生可能リソース

世界経済フォーラムの言葉のように 効果的なエネルギー転換促進2023 特に島国の日本では、再生可能エネルギーを最大化することがエネルギー転換の重要な柱の1つです。 また、循環経済への移行を成功させるためには、地域経済の発展と長期的な生存の可能性が不可欠であることが広く認識されています。 日本の多くの企業がこの方向に積極的に取り組んでいます。 例えば、サントリーホールディングスは、山梨県や様々な企業と連携し、東京南西部でグリーン水素生産システムを開発しています。 生産されたグリーンエネルギーは、地域社会とその地域のサントリーの生産工場で使用することができます。 一方、製薬会社である武田は、環境・エネルギー会社であるORIX Eco Services、日本 Freight Railway Companyと提携 ブリスター包装廃棄物の削減二酸化炭素を少なく排出する交通手段を利用します。 水素が急速に魅力的な新エネルギー支援で台頭し、 日立 は、生産、貯蔵、活用を包括する総合的な水素サプライチェーンを通じて、宮城県富宮市で水素基盤社会を実現するための日本の多様な計画の一つを支援するなど先進的なアプローチを取っています。 TBMは、自身が開発したLIMEXという石灰石ベースの素材を利用して紙とプラスチックの代替製品を開発、製造、販売する会社です。 資源自律モデル 独自のリソースを使用することです。 当社は、宮城県に事実上100%の再生可能エネルギーで運営されている2つの独自の製造施設を保有しており、以下の契約を締結しました。 パートナーシップ契約 日本プロサッカーリーグクラブであるベガルタ仙台(Vegalta Sendai)とともに、地域活性化を支援する革新的なリサイクルプロジェクトを進めています。 また、ホームスタジアムで使用するLIMEXカップをリサイクルし、宮城県産木粉を混ぜた人工木材ベンチで再加工します。

地域活性化は単に経済を活性化する以上の役割を果たします。 これは人口減少の中でも農村地域で繁栄し、持続可能な生活を享受する可能性を開きます。

— 江田真彦(Makiko Eda)、世界経済フォーラム東京日本最高代表コラボレーションと全体的なアプローチ

しかし、この傾向を発展させるには、価値創造が単一の場所や産業の限界を超えていることが必要です。 ここでは、デジタル技術と産業間のコラボレーションが重要になりました。 ゲイダンレン (日本経済人連合会)は、企業間のコラボレーションが単一の企業や産業の境界を超えて始まらなければならないと強調しました。 リサイクル努力は、原材料を加工して生産する企業を含む、全供給とバリューチェーンに焦点を当てる必要があります。 ポリシーには次のように記載されています。 「こうした産業は経済活動の中枢の役割を果たし、他の部門の成長と発展を支援し、ダイナミックな産業の間でも循環経済を実現するためには民管パートナーシップが不可欠であり、J4CE(日本循環経済パートナーシップ)などの長を活用して対話を続けるだろう」と明らかにした。 経済は広島G7首脳会談(G7広島首脳会談2023)で表現された。 民間部門の努力を促進するために行動指針を採択した。 同時に日本人 岸田文夫首相 また、資源リサイクルを推進している富山県イミズ市のリサイクル施設を訪問しました。 岸田会長は循環経済促進のために経済産業省(METI)が主導する産官学協議体発足を発表しました。 )と環境省の持続可能性に対する政府の意志を示す。 そして、これは日本の農村人口減少の希望になるかもしれない。

READ  AstraZenecaが日本のChugaiとの薬物紛争を解決するために7億7,500万ドルを支払う
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours