トップニュース

日本の連合パートナーは国防費支出の増加の疑いを提起

2019年7月3日、東京の日本のマスコミクラブで開催された7月21日の参議院選挙を控え公明党山口ナスオ代表が他の政党の指導者との討論会に出席している。 REUTERS / Issei Kato

東京、10月15日(ロイター) – 日本の執権連立の後輩パートナーは金曜日岸田文雄首相の国防費の2倍の計画に疑問を提起した。

防衛は、第二次世界大戦の遺産として平和主義憲法と米国主導の戦争に対するもつれの継続的な公共の警告を持っている日本で分裂的な問題です。

岸田の自民党(自民党)は10月31日の総選挙を控えている政策提案で国防費の支出を国内総生産(GDP)の2%を目標に増やすことを目標にしていると明らかにした。 続きを読む

日本の防衛費支出は、最近数十年の間にGDPの約1%であった。

山口ナチュオ公明党代表はグループとのインタビューで、「少子高齢化の傾向が進むにつれて、社会保障、教育、保育等の国民の生活を支える分野にリソースを割り当てる必要があるという要求がある」と述べた。 記者の。

国防費だけ大きく増やし突然倍増その財源配分は、国民の理解を得られないようだ」と話した。

自民党は、中国の急速な軍事力増強と北朝鮮の核・ミサイルプログラムなどの安全保障環境の変化を引用して国防費増額を要求した。

Komeitoは自民党よりも安全保障について適当しかし国防支出の増加に対する意見の不一致が選挙で過半数を確保しようとするパートナーの目標を霧散させるないようです。

彼らは一緒に木曜日に溶解された下院でほぼ3分の2の議席を獲得した。

朝日新聞が最近実施した有権者の調査によると、回答者の5%が公明党に、41%が自民党に投票する意思があることを示している。 支持率。

Kiyoshi Takenakaの報告; Jacqueline Wong、Robert Birsel編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  投資家がアジア太平洋地域のハイテク株を見ながら、日本の株式下落

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close