経済

日本の遅れた青少年投票は、感染症の間にコーナーを回すことができます

岸田文夫首相は、日本の「未来を選択」するために今回の総選挙を行うことになると明らかにしたが、若者たちが投票に参加して国家の方向に影響を与えるかどうかは置いて見なければならないことだと話した。

日本が2016年20歳から18歳に選挙法を下げ、若者の参加と発言を促した後、総選挙が一度あった。 しかし、20代以下の投票率は伝統的に高齢者より低く、政治専門家らは日曜日の中原選挙にも大きな変化はないだろうと話す。

同時に、彼らはCOVID-19感染症のために、候補者がウイルスの拡散の危険なしに有権者に近づくためにオンラインプラットフォームに目を向けているので、若者たちは下院選挙に関する情報に簡単に触れることができると言います。

2021年6月、東京八王子で高校生が模擬選挙で投票をしている。 (刑務所)

選挙前の週末に、日本全国の大学で約20人の学生がオンラインイベントに参加してコホートの投票率を向上させる方法についてのアイデアを交換しました。

数時間のグループディスカッションが終わった後、学生は候補者のためのアニメーション制作と主な問題への立場、割引クーポンの配布、または学校で模擬選挙の開催に至るまでのアイデアを発表しました。 このイベントは、日本の若者を政治的に引き付けるために努力してきた非営利団体Dot-jpが主催しました。

21歳の大学生であり、この団体の学生代表であるShuta Hosotaniは、自分と同じ世代の人々が国家政治とどのくらい断絶しているかを見たと述べました。

日本中部にある三重大学(Mie大学)4年生の学生である細田氏は「投票を通じて何が変わり、どんな良いことが起こるのか分かりにくいというのが最大の理由だと思う」と話した。

このような感情は、現在の自民党の支配的位置と1955年以来約4年を除いては、多数の多世代政治家がいる同じ政党が執権したという事実を考慮すると理解できる。

日本の若者たちは、「投票の重要性を知りながら、誰に投票するのか、誰に良い社会を作るのかを選ぶ方法がわからない」と語った。 「若者がその過程の一部だと感じるのは難しい」


関連する適用範囲:

焦点:日本の選挙運動公約には潜在的な市場ドライバーが含まれます。

焦点:日本の当事者は子供の支援を増やすことを約束しましたが、必要な金額以上


2019年参議院選挙で18・19歳は32.28%、20代は30.96%だった。 両数値とも全体投票率48.80より低く、60代投票率63.58のほぼ半分水準だ。

若い世代の低い投票率にはいくつかの理由があると専門家たちは言う。

平成大学の政治学教授である広島白鳥は、日本の高齢化人口でますます多くの部分を占める高齢者の心をひきつける政策を作り、再選を優先する日本の政治家たちに若者たちが「思いやりを感じた」と語った。

白鳥議員は「政党は30%に過ぎない若い世代よりも投票率60%の高齢層に多くの努力を傾けている」と話した。 「子供がいる、または働く世代のための方針がありますが、優先順位は高くありません。」

白鳥は日本の高齢者中心政治を「シルバー民主主義」という用語で表現したが、ますます多くの人々が増えつつ、莫大な国家負債と増加する経済的負担に関連する挑戦を背負わなければならないことは若者であることに気づかなければならないと話した。 退職金に移動します。

神戸大学大学院教授の品田裕太(Yutaka Shinada)も、日本の若者たちが1990年代初頭にバブル経済崩壊後に生まれ、今まで経験したことがあるため、日本が経済的に改善できる方法を概念化するのが難しいと言いました。 。 相対的な低迷期の国。

彼は、「高齢者が若かったとき、政治の中で彼らが望むことが明らかであり、それが強い経済を生み出していました。 「現在の若い世代は、変化を考えると、それをリスクに関連付けることができます」

学校では、政治と選挙の理解を高めるために、学生にいわゆる市民権教育を提供しています。 しかし、2016年参議院選挙以後、総選挙で青年投票率が減少し、まだ成果を上げていない。

しかし、専門家らは、今後の参議院選挙が、今後の青年投票率の向上につながらなくても、政治への関心を高める「転換点」になることを願っていると述べた。

日本財団の最近の調査によると、日曜日に投票できる17歳から19歳の人々の55.2%が選挙に投票または投票する可能性があることがわかりました。 「健康と衛生」が最優先課題に選ばれました。

コロナウイルス感染症のため、候補者は感染の拡散を恐れており、特に高齢者と集会を開催したり、有権者に直接会うことが困難になった。 代わりに、ソーシャルメディアやその他のオンラインツールを使用して、公衆と通信しています。

法政政策科学研究所の白鳥所長は「これはスマートフォンを使って成長した若者にもっと多くの資源があることを意味する。彼らが関心を持つようになれば投票率が多少高くなる可能性がある」と話した。 ファンデミック期間中に直接投票することに警戒できるため、高齢者の人口統計学的特徴があります。

神戸大学の信田氏は、ソーシャルメディアキャンペーンが今後の選挙にどれだけ影響を及ぼすかはまだ不確実だと述べた。 しかし、感染症が過ぎた後も、政治家が有権者とコミュニケーションする方法に影響を与える可能性があります。

彼は「今まで若者たちは政治に背を向け、政治家たちはその数が少ないため(投票のため)彼らに頼らなかったが、それが肯定的に変わることができる」と話した。

READ  アップデート1-再生可能エネルギー会社は、日本PMのためのTaro Kono優勝レースに期待をしておきます。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close