トップニュース

日本の過重COVID病院は最も病気の人だけ対応します。

日本政府が新型コロナウイルス感染症(コロナ19)確定者が急増し、医療システムに負担を与えるため、コロナ19患者の入院を重病または発症リスクがある人に限定する予定である。

より多くの高リスク患者を収容していた以前のポリシーで反転は、政府が、東京と沖縄を超え近隣の3つ県大阪に緊急事態を拡大したまさにその日行われ、進行中のオリンピックに影を落とした。

菅義偉(菅義偉)首相は、「重症患者が入院することができるよう、必要な病床を確保する」と述べた。

続いて「他の方には、自宅の回復が基準になるだろう」とし「状態が悪化すると、すぐに入院することができるシステムを構築する」と述べた。 自宅で自己隔離が困難な人は、指定された宿泊施設に滞在することができる。

COVID-19の拡散は3週間前、東京で緊急事態宣言以来、加速された。 ウイルスの繁殖率は7月末現在、東京で1.41と推定されており、これは1月中旬に最終的に観察されたレベルです。 この比率が維持ば東京でのみ毎日確定者が現在、約3,000人の8月末には10,000人以上に増加することができます。

日曜日全国一日の感染者が一週間前より2倍以上に増えた。

これらの急増は、伝染性の高いデルタの亜種によって駆動され、一部のデータによると、40代と50代では、元のバージョンのコロナウイルスよりもより深刻な病気を引き起こす可能性があると示唆します。

平井シンジ鳥取知事は日曜日知事会議で「デルタの感染は比較できないほど大きい」と警告した。 彼は「ワクチン接種率は依然として30%で、現在の爆発的発症を抑制するには足りない」と述べた。

シュガーは入院制限を議論しながら、月曜日入院していない患者に抗体複合治療剤を提供することを明らかにした。

首相は「50代以上の基底疾患について積極的に施行する」と述べた。

保健省は、7月19日、米国リゼネロン制約がロシュと共同で開発した2抗体のカクテルをロシュ部門であるさらにこの制約に緊急承認した。 IV点滴を介して配信される治療は、軽度と中等度の場合が悪化することを防止するためのものです。

政府は、自宅で回復している人々の治療方法について自治体と議論する予定である。

現政府は収容能力を拡大するために苦労しており、東京と他の地域が深刻な危機に直面した1月以降8,000病床を追加して、7月末に合計約36,000個の病床を確保しました。

READ  今日ドラフト!近大佐藤と早稲田大学・早川最大4球団の競合予想...二人は本当に「10年に1人の逸材」か?(THE PAGE) - Yahoo!ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close