日本の鉄道3社が改札でクレジットカードをかざして支払えるシステムを導入

Estimated read time 1 min read
読売新聞資料写真
2022年5月に地下鉄福岡中洲川端駅改札内にカードリーダーを設置。 乗客はクレジットカードをタップして支払うことができます。

関係者によると、大手私鉄3社は、乗客が駅の改札でクレジットカードをかざして運賃を支払えるシステムを来年末までに導入する予定だという。

近畿日本鉄道、阪急電鉄、阪神電鉄は、特に大阪2025期間中、切符の購入や交通系ICカードへの事前チャージが不要な非接触決済システムにより、訪日外国人の利便性を向上させます。 -関西万博。

このシステムでは、乗客は各駅に設置された専用読み取り機に非接触決済機能付きクレジットカードをかざすことで支払いが可能となる。 クレジットカードを登録したスマートフォンでも決済が可能です。 対応クレジットカードはVisa、JCBカードとなります。

他の先進国では、駅での非接触型決済がすでに一般的になってきています。 三井住友カードによると、ロンドンやニューヨークなど海外の海運会社680社以上が導入している。

日系3社は今後、クレジットカードの利用に慣れた日本人観光客の誘致に向けた取り組みを強化する方針だ。

3社は決済システムにクレジットカードを導入することで、より柔軟なサービスの提供が可能となった。

このシステムでお支払いいただく乗客は、クレジットカード決済による運賃の割引が受けられます。 例えば、3社が所有する商業施設で同じカードで買い物をすると割引が受けられます。

日本在住の方はもちろん、交通系ICカードを持っていない訪日旅行者にとっても便利です。 Visaの場合、2019年以降に発行されたすべてのクレジットカード(日本では1億枚)で非接触型決済が可能です。

関西空港と大阪都心部を結ぶ南海電鉄はすでに2021年から決済システムを導入している。

大阪モノレール(株)、大阪地下鉄(株)もそれぞれ2024年春、2025年3月末に導入する予定だ。

READ  九州新幹線8日、通常のダイヤモンドJR九州在来線は順次再開も「一日中運休」先駆けと| 乗ってもニュース
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours