経済

日本の鉄鋼会社、価格引き上げ、追加印象警告

日本の最大の鉄鋼会社は、自動車から高層建物まで、あらゆるものに使用される金属の価格を引き上げ、今後さらに警告しています。

JFE Holdings Inc.の製鋼部門は、4月からすべての製品に対してトン当たり20,000円($160)の価格を引き上げ、点欠弾と鉄鉱石のコストが急増すると会社の広報担当者を明らかにしました。 彼は運送コストも上昇するため、今年の追加印象が可能だと述べた。 JFEは、平均鉄鋼価格が3月までの四半期に1トンあたり115,000円と推定しています。

Nippon Steel Corp.は、5月にインドの現物契約のために建設および電子製品に使用される鋼板の国内価格をトン当たり10,000円引き上げたと明らかにしました。 日本の最大の鉄鋼会社である同社は、今年より多くの価格引き上げが必要になるという質問に答えて警告しました。 日本は3月四半期の平均鉄鋼価格をトン当たり130,000円と推定しました。

鉄鋼生産のための2つの主要材料である鉄鉱石と石炭の価格は、ロシアのウクライナ侵攻で供給不足が悪化して上昇しました。 オーストラリアの粘結弾価格は今年に入って今まで45%も上がり、シンガポールの鉄鉱石価格は約27%上がった。 両社の鉄鋼の40%以上が自動車メーカーの最大の顧客として輸出される予定です。

Tachibana Securities Co.のTakeshi Irisawaアナリストは、「今後、鉄鋼需要がどのようなものかを予測するのは難しいが、現在では世界的な需給バランスが悪くない」と述べた。 これは「国内鉄鋼企業が増加した費用を転加するのが比較的容易だ」と話した。

日本鋼の高森森副社長は、2月に4月から半年間、国内メーカーとの長期契約が増加すると述べた。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  Carlos Ghosnの興亡盛衰

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close