経済

日本の銀行、今後の会議で、経済の暗い見通しを提供:筋

筋は、日本の銀行(BOJ)がアジアの工場閉鎖に起因する供給の制約に生産量と輸出が萎縮し、今年の経済成長率見通しを下方調整と述べた。

5人の消息筋はBOJが3月終わる年の消費者インフレ見通しを下方修正することにより、危機モード景気刺激策を縮小するためにあり、他の中央銀行に遅れなるという市場の期待を強化すると言いました。

改正案は、輸入コストの上昇と供給のボトルネックが企業を襲ったことにより、日本の回復が脆弱な状態を強調するものであり、製造業の利益の高が弱い消費を相殺すること、中央銀行の見解に疑問を提起します。

写真:ロイター

“将来のデータは、アジアの工場閉鎖により、日本への輸出と生産量が大幅に大きく急落する可能性があります。 これは明らかに経済成長を萎縮させるだろう」と匿名を要求したある消息筋は語った。

別の消息筋は「日本の回復が外れたわけではない明確な反発時期が遅くなった可能性がある」と述べた。

変更は、10月27日から28日まで開かれる次の政策会議で予定されてBOJの四半期成長と価格の予測の一部となります。

世界的な需要は依然として堅固だが、アナリストは、ファンデミクによる部品不足やアジアの工場閉鎖により、Toyota Motor Corp.

雨宮正義BOJ副総裁は昨日の経済見通しの不確実性を指摘し、「アジアのサプライチェーンの混乱に起因する供給制約の影響に警戒が必要です。

BOJ政策立案者たちは、政府が9月30日に緊急事態の抑制を解除することに決定した後、予想される消費反発を期待しているが、抑圧された需要が成長を後押しし始める時期と程度については不明である。

消息筋は、これらの不確実性により、BOJが今月の会議で、経済が「傾向に上がっている」は、現在の評価よりも暗い展望を提示することができると言いました。

日本経済は、3月に終了した年度に4.4%下落した後、固体の世界的な需要がCOVID-19阻害による消費打撃を緩和しながら低迷から抜け出しています。

7月に作成された現在の見通しによると、BOJは経済が今回の会計年度に3.8%、来年2.7%成長すると予想します。

これは2021会計年度に3.2%増加し、来年には2.8%増加するとロイターの世論調査で予測したものと比較される。

中央銀行は、過去の会計年度に0.4%下落した源の消費者物価は、今年0.6%、来年0.9%上がると予想した。

ロイターが調査したアナリストは、主要な消費者インフレが2021会計年度にはほぼ横ばいを見せて2022会計年度には0.5%上昇すると予想されます。

コメントが検討されます。 記事に関連するコメントを維持してください。 悪口とエッチな言語は、すべての種類の個人攻撃や広報が含まれているコメントは削除され、ユーザーはブロックされます。 最終的な決定は、台北タイムズの裁量によります。

READ  日本、オミクロン急増でCOVID抑制を拡大

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close