トップニュース

日本の銀行、2020年のGDPの推定値0.1%ポイント引き下げ

日本の銀行は木曜日にコロナウイルス大流行の復活と、今月初めに非常事態宣言に基づいて、2020会計年度の国の成長予想を若干下げました。

しかし、今年のマイナー降格と来年のアップグレードは、先月9千億ドルのコロナウイルスの救済パッケージの承認後、米国の成長への期待とシュガー義久に首相、政府が導入したぬるま湯経済制限の限られた影響を反映します。

BOJの最近の四半期見通し報告書によると、BOJの9つの政策委員会の委員のうち中央値は3ヶ月前に予想したマイナス5.5%ではなく、3月末会計年度2020年にマイナス5.6%と予測された。

2021会計年度の成長率の中央値は、3ヶ月前3.6%に比べて3.9%に達しました。

明治安田研究所のチーフエコノミストであるYuichi Kodamaは「緊急宣言状態の経済的影響は、昨年の宣言の一部にすぎない」と述べた。 経済活動の制限は、主に夜間外食に制限された。 一方、製造活動はほとんど影響を受けなかった彼は言った。

最近の展望はまた、「攻撃的なマクロ経済政策によって部分的に支持されている海外経済が引き続き改善されるだろう」と言いながら、海外経済についてより肯定的な絵を描きました。

重要なインフレは、2020会計年度にマイナス0.6%ではないマイナス0.5%と予想され、2021年会計年度に0.4%ではない0.5%と予想されます。 昨年末以来、原油価格の上昇は、インフレ見通しの変化に寄与したものとKodamaは言いました。

新しい感染症の波を防ぐために緊急事態が1月8日に発効され、人々にリモートで働いて、夜は家に滞在し、不要な外出を控えるよう促しながら、初期の経済回復への懸念を呼びました。

2日間の理事会で、中央銀行は、短期金利の目標マイナス0.1%と、長期金利をゼロに回す目標を含む非常に緩い金融政策を維持することを決めました。 BOJは制限なし、日本政府の負債を買収するという約束を守りました。

年間最大12兆円(1150億ドル)に達する交換取引ファンド購入プログラムもそのまま維持されます。

先月銀行は9月末までに140兆円の緊急資金支援施設を6ヶ月延長することを決定しました。

緊急資金プログラムに基づいてBOJは社債と商業手形で最大20兆円を買い入れて、企業や家計への融資した商業銀行に最大1年間無利子資金で120兆円を提供することができた。 これらの融資残高の銀行に0.1%の利子を提供します。

12月末現在、BOJは市中銀行に51.6兆円の資金を提供した。

黒田晴彦知事の8年間、積極的な資産買い入れを通じてBOJは貸借対照表が4倍以上に増加しており、日本政府の負債の約半分と東京証券取引所初上場株式の約7%を所有することになりました。 部分。

Kurodaは2013年に主導権を握って、2年の間に約2%のインフレを約束しました。 しかし、その後に重要な消費者インフレ率はほとんど約1%以下を維持した。 緩和キャンペーンがコロナウイルス感染症の中で、長期的な戦いになると予想され、BOJは先月2%のインフレ目標に向かって持続可能で効果的であるように、現在のフレームワークを検討すると述べた。 検討の結果は、3月18日から19日まで開かれる次の会議で発表される予定です。

READ  岡本健一再婚した圭人、20歳以上離れた弟 - ジャニーズ:日刊スポーツ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close