スポーツ

日本の錦織、キャリア2章から5に戻る| スポーツ

日本のKei Nishikoriは、過去数年の間に負傷で中断された後、彼のキャリアの第二段階にいるかのように感じるが31歳の彼は、自分の目標スポーツの最高レベルに戻ると言います。

錦織は2014年のUSオープンでアジア人初のグランドスラムシングル決勝に進出したが、負傷に悩まされ、一貫性を維持するために苦労し、世界41位に落ちた。

Nishikoriは火曜日、ドバイで開かれたATP 500大会で13位のベルギー人David Goffinを6-3 7-6(3)で制した後、記者団に「前に第レベルに戻りたい場合は難しくあります。」と言いました。

「私はこれが私の第二の旅行だと思うしようとする。私は多くの負傷を負った。これは私の新しい旅行である。私は幸せでなければならない。」

積極的なベースライナーは2015年に初めてキャリア最高4位を記録した。

彼の最後の10位に上がったのは、2018年10月だったが、1年後錦織は肘の手術を受け、10ヶ月を副業に送った。

彼は2020年のUSオープンで復帰を目指したが、新型コロナウイルスの陽性反応を示した後、撤退しました。

錦織は9月、オーストリアに戻った後、いくつかの戦いを打ちたが、彼のシーズンは、フランスオープンで5セットの敗北を喫し肩の負傷で再び断絶しました。

再び順位を上げることができるという信号でNishikoriは今月初め、ロッテルダムで行われた準々決勝で、若い選手のCanadian Felix Auger-AliassimeとオーストラリアのAlex De Minaur(前上位20位の選手)を下した。

Nishikoriは「過去2週間の間によく走りました。」と言いました。 「私の目標は、10位、5位帰ることです。

“誰もがしっかりしているので、長い道のりをさかのぼることを知っています。もう少し進む必要があるが、今回の数週間の間に挑戦を楽しんでいます。」

(ムンバイのSudipto Gangulyジャーナリスト、Peter Rutherford編集)

READ  ウォン巨人が最初の屈辱...日本シリーズ2年連続4連覇 - プロ野球:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close