日本の長い中央銀行総裁が強い遺産を残して去る

1 min read

黒田春彦日本中央銀行総裁は、過去10年の在任期間中、世界3位の経済大国の特徴だった超緩和通貨政策を維持することを決定し、金曜日ここで最終金利会議を主宰しました。

日本円は0.6%小幅下落したが、米ドル当たり137円に近づいた。 日本証券市場は暴落したトピックスが1.9%下落し、ダウのような日経225が1.7%下落するなど急落したが、前日ウォールストリートで膨大な売り上げを見せた後、他のアジア株式市場と並んで動いた。

中国証券市場は習近平主席が5年の任期の3番目の大統領に選出され、本土CSI300指数の形態で1.3%下落を終えた。 10月に中国共産党総書記兼軍総司令官として3選に選出された後、先例を破る任期です。 香港の自由開放市場はハンセンの形で3.0%下落しました。

黒田日本銀行総裁が5年任期を終えて4月8日辞任する予定ですが、彼の政策の効果は今後数年間感じ続けるでしょう。 彼は金利をマイナス領域に引き寄せる先駆者であり、2016年に初めて導入したときに議論となった戦術でしたが、多くの中央銀行がファンデミックに対応して模倣した動きでした。

彼は1980年代日本の資産バブル以後、日本が継続的に不況に落ち込んだデフレ時期である3つの「失われた10年」から日本経済を引き出した功労を認められました。 1992年から2013年まで、インフレはほぼ1%を超えず、そのうち11年間物価が下落しました。

世界中の中央銀行家が膨大なインフレと戦っている間、デフレ経済は破壊的です。 企業は拡大と資本支出を延期し、消費者は建設コストやアパートや自動車が将来的に安くなる可能性があるため、できるだけ高価な購入を延期しています。 その結果、日本経済は役に立たず、中国のGDPは日本を上回りました。

黒田は彼と故安倍晋三首相が日本の精神に経済的楽観論を吹き込んでデフレサイクルを破るのに一助となった。 完璧ではなかったが、黒田は企業に大きな投資計画を立てるよう促し、ついに価格が上がり始めた。

黒田の後任として指名された学者で経済学者の上田和夫が率いる初の政策理事会は、4月27日から28日まで開かれる予定だ。 中央銀行はまた、当時の2025年までの成長とインフレの見通しを発表する予定です。

日本の参議院は、衆議院で同じことをしてから一日だけの金曜日、上田の任命を承認した。 両院はまた、彼の2代理人、職業中央銀行家の新一内田と元金融サービス局長の冥野両組を承認した。 議員は3月20日に役職を務める。

黒田元アジア開発銀行総裁は2012年12月、日本資産の集結を主導した安倍首相の下で2013年3月政権を握った。 日本を復活させる彼は計画の最初の矢である非常に簡単な通貨政策を展開しました。 安倍氏は、政府支出の増加を通じた第二財政扶養策を始めたが、第三構造改革の実施には成功しなかった。

次の会議からの見通しは、3人の新しい指名者がBOJをどのように導くかについてのより良いアイデアを提供します。 しかし岸田文雄首相が率いる党内では、アベパが掌握した執権与党が相変わらず強大な影響力を行使しており、イモニー時代が続くことを望む強大な既得権勢力が存在する。

今日、金融政策理事会は、日本銀行が日本国債(JGB)を買い取り、長期金利を0.0%内外に維持すると約束し、短期金利を-0.1%のマイナス領域に残しています。

銀行は、中央銀行が収益性を損なう収益率曲線制御を放棄することを要求してきました。 BOJがJGBの利回りに許可する取引範囲を驚くほど拡張した後、1月中旬に私が説明したように、トレーダーはまた、収益率曲線制御(YCC)を放棄するために中央銀行を先取りしようとしています。 しかし、少なくとも今日、BOJは、10年の満期の債務利回りが目標レベルで0.5%上下に変動することを許可し続けると述べました。

上田は最終的にその政策から抜け出すことができますが、彼は急がないことは明らかです。 私たちは彼が責任を取れば中央銀行の進路の見直しを期待できます。 しかし、上田はすでに黒田のアプローチが「避けられない」と信じていると述べた。

日本政府と中央銀行は、2013年からインフレを2%水準に維持することに合意した。 彼らは黒田が任命された翌年、日本の売上高引き上げが発効したその目標を達成しました。 しかし、2014年の2.8%のインフレ率は一時的であり、価格はすぐに再び逆転し、最近のエネルギー価格の上昇によってサイクルが崩れました。 最近利用可能な数値である1月4.2%のインフレは、イラン革命で原油生産量の減少と石油危機が発生した1981年以来最高水準を記録しています。

火曜日に発表されたデータによると、日本の実質賃金は同じ速度で減少しています。 1月のインフレ調整賃金が4.1%下落したのは、2014年の最後のインフレ急上昇以来、最悪の実質給与の減少です。 経済学者は、政府が電気とガスの補助金を導入している間、エネルギーコストが今頂点に達したと信じています。 これは賃金の最低点でもあるでしょう。

彼らが依然として減少している賃金は、銀行や債券トレーダーに恩恵を与えるよりも、賃金所得者のポケットに少し多くのお金を入れることを大切にする上田の考えを指示するのに役立ちます。 我々は、収益率曲線制御の終わりを見て、金銭的インセンティブを持つ人々が中央銀行に与える極端な圧力に対する継続的な騒音を予想することができます。 そして、私たちは上田が賃金が絶えず上がっていると確信するまで、これらのニーズに抵抗すると予想することができます。

今日 中央銀行はまた、1月から輸出と生産がより高い傾向を示していると述べたフレーズを再表現しました。 今日の評価は、あまり楽観的ではなく、低迷した国際需要のおかげで、「やや平らな」と言います。 また、ウクライナ戦争、原材料価格、海外経済活動、コロナ19の余波により、日本経済に「非常に高い不確実性」が存在すると明らかにしました。

黒田は去ることができますが、彼の政策はしばらくそのまま残ります。 上田さんと新しい担当チームの重要な変化を見るには、年末まで待つ必要があります。

Real Moneyに関する記事を書くたびに、電子メール通知が届きます。 この記事のマイバイラインの横にある「+フォロー」をクリックしてください。

READ  社説:日本の主な野党が「どちらか」アプローチから抜け出す時です。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours