日本の長期債券利回りは、米国に沿って

Estimated read time 1 min read

東京、10月13日(ロイター) – 水曜日、長期の日本国債の利回りが下落して米国債の利回りが下落したが、市場を動かす信号がなかったので下落幅が制限されました。

国債10年物は0.5bp下落0.085%、JGB 20年物は0.5bp下落0.465%を記録した。

10年満期米国債利回りは水曜日に発表される消費者物価の主要レポートを控え火曜日に2.1bp下落1.584%を記録しました。

国債30年物は0.5bp下落0.690%、JGB 40年物は0.760%で1bp下落した。

短期債券の利回りは5年満期債権が取引されていない変動がなかった収益率はマイナス0.080%にとどまった。 2年物JGBの収益率は-0.120%で変動がありませんでした。

ベンチマーク10年JGBギフトは取引量が18,559ロットで151.25にほぼ動かなかった。 (東京市場のチームのを見て、Ramakrishnan M.の編集)

READ  日本Q1アルミプレミアムが20%下落した$177/T - ソース
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours