トップニュース

日本の関西空港、自律パトロールロボット導入

このロボットは、セキュリティ会社セコム(Secom)とのパートナーシップ協定を介して導入された。 クレジット:663highland / Wikimedia。

日本の関西空港は、関西国際空港(KIX)第2ターミナルと関西空港駅に自律パトロールロボットセコムロボットX2を配置する予定である。

このロボットは、セキュリティ会社セコム(Secom)とのパートナーシップ協定を介して導入された。

10月25日から監視ロボットは、位置を特定するために、レーザーセンサーを使用してパトロールパスを自律的に移動することを見ることができます。

このロボットは、様々な領域を監視し、内蔵カメラで画像をキャプチャします。

パトロール後指定された場所に停車して周辺を監視します。

幅840mm、奥行き1120mm、高さ1225mmで最大4km / hの速度で動く。

230kgの監視ロボットは、連続動作時間はほぼ3時間です。

ステレオカメラ、360度カメラ、PTZカメラ、センシング機能レーザーセンサー、超音波センサー、バンパーセンサー、PSDセンサ、内部温度とバッテリ温度センサーが特徴である。

またビープ音、警告灯などの警告機能を備えています。

ロボットは、マイクとスピーカーを利用したリモート通話(コントローラを利用した音声通話)機能も有している。

関西空港側は声明で、「セコムロボットX2は、セキュリティ要員と合流することで、空港はより発展して効率的なセキュリティ運用を確保することができるようになるだろう」と述べた。

「関西空港グループは、最先端の技術を積極的に導入し、KIX第2ターミナルと駅のすべての乗客に安全な空港環境を提供するために、継続して、すべての努力をしています。」

5月にKansai AirportsはKIXに自動化されたPCRロボットシステムを配置しました。

Kawasaki Heavy Industriesが開発した新しいシステムは、国際線出発する旅行者のために一日16時間の間、最大2,500個のサンプルを処理することができる能力を備えています。

READ  ヨドバシカメラPS5予約抽選申し込み今日9月23日10時まで - GAME Watch

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close