理科

日本の防衛省は敏感な科学技術の研究にアクセスすることができない – 泥棒はする

~~

日本の革新がコロナウイルスに対応するための新たな技術を開発しています

日本の科学技術の発展は、敵に漏れており、SCJは、日本の国家安全保障に寄与することを禁止します。

日本の国家安全保障の一環として、科学技術の発展を保護し、中国や他の外国人への流出の制御を設定することの重要性に対する認識が高まっています。

しかし準政府諮問機関である日本科学委員会(SCJ)は続く漏れや技術窃盗問題を処理する政府の能力に続け干渉しています。

この問題は、敏感な科学技術の研究と関連して国家的決定が下される科学技術の革新委員会(CSTI)に国防部長官が座らないようにする、いくつかのSCJメンバーの努力によって表示されます。

国際的に傾向は、潜在的な軍と民間の使用があることが確認された科学と技術の発展へのアクセスや輸出に特別承認を必要とすることです。 いわゆる「二重使用」の技術です。 その目的は、高度な技術の使用が研究国又はそのパートナーへの脅威となることがある国に漏れないようにすることです。

しかしCSTIで国防部長官を除くながら、日本は外国の盗難からセキュリティ上の影響に科学者と研究機関の発展を保護することができるということを証明することができませんでした。

「統合革新戦略2021」

CSTIは首相を委員長とする諮問機関である。 14人のメンバーは、政府の大臣と学者が含まれており、そのうちの一人、日本の科学委員会の会長です。

協議会に座る政府長官は首相室長、国家科学技術政策部長官、その他の首相が任命する大臣である。 現在の委員は、内務省; 財務長官; 文部科学省長官と通商産業省大臣。 国防長官は、国家安全保障政策の重要な役割にもかかわらず、除外される。

何よりもCSTIは2021年6月の閣議で承認された「統合イノベーション戦略2021」を管掌する。 [our country’s] 安全性とセキュリティを確保するための総合的なセキュリティの基盤を提供する科学技術 [of Japan]”

しかし、国家安全保障への影響についての認識にもかかわらず、なぜ日本政府は高度な技術と安全保障協力を改善するための措置についてその躊躇するのでしょうか?

いつ The Sankei Shimbun そして 日本のフォワード 日本政府関係者は、国防部長官の排除の理由を尋ねると、「一時的にのみ国防長官をCSTI会議に出席させることが可能かもしれない」と答えた。

その理由は、日本の国家安全保障に障害になったSCJの影響と関連があると思われる。

国防科学界

科学技術を日本の安全保障と分離されて分離されたもので継続取り扱う背後には、日本科学委員会があります。

実際に日本政府は、2015年からのセキュリティ関連技術の研究を強化するために、民間との協力事業を支援して資金を支援するプログラムを持っている。 国防部傘下の国家保安技術物流振興院(ATLA)傘下の国家安全保障技術研究振興院は、国防に適用することができる基礎技術を発掘・育成する大学、企業、研究機関に所属の科学者を支援する。 ハードウェアおよび今後の戦略。

しかし、その結果が、国防関連の発展だけでなく、民間分野にも適用されることを前提とするという点を勘案すると、SCJは、このプログラムについて断固として反対し、実行の妨げになりました。

関連[Speaking Out] 日本の科学協議会は、学術の自由を保護する必要があります

SCJの干渉は2017年3月24日にさかのぼります。 声明を発表した 国防部(MoD)プログラムについて異議を唱えながら、「今後の防衛機器の開発に有用な結果を生成する可能性がある将来のプロジェクトを授与するという明確な目的を持って研究提案を招待して検討する」と反対しました。

SCJ声明は独自の影響力を行使し、「外部の専門家ではなく、ATLAの公務員が資金支援期間中に進行中の研究と進捗状況を管理します。 このような政府の研究介入のため、この基金のプログラムは、多くの問題を抱えているという点を指摘してください。 “

しかし、SCJ自体は、日本の国家予算で会計年度に米900万ドルを公的資金で受けることについて文句ない。

脅威する研究者は、日本の自衛を制限します

SCJは、資金支援プログラムが策定された直後、日本全域の国立大学に資金支援プログラムを通じ、国家安全保障に貢献する研究に協力しないという指示を下したことが分かった。

当時、政府関係者によると、日本の国家安全保障のためにSCJの非良心的な態度は、「SCJも政府の一部であるだけ姿勢がおかしい」などの深刻な疑問を提起した。

日本の持続的な研究の強みを見てみると、両者の研究、電子研究、新素材などの民間分野での国家安全保障に貢献する先端技術の開発の可能性があります。

日米関係筋は、次のような可能性を説明した。 The Sankei Shimbun そして 日本のフォワード、「米国国防総省(DoD)は陽子、脳科学、遺伝子などの安全保障に寄与する可能性がある基礎研究分野が広範囲に展開されていることを、日本国防部と異なっている見ています。 守る。 ”

消息筋は「日本科学の民間分野では、優れた科学者たちがなければならない。 しかし、日本のシステムでは、人々がかなりのセキュリティ性を持って研究を実施することを希望する場合は決してこの領域に触れないことです。」

彼はまた「国防部は国家研究予算がほとんどなく、民間の技術に触れる機会さえ得るのは難しい」と付け加えた。 彼はこれを会計年度に米900億ドルに達する研究開発のための国防総省の投資と比較しました。

日本の国防部の2021会計年度の予算によると、計3兆4000億円(約300億ドル)の合計予算のうち2,110億円(約19億ドル)の研究開発資金がサポートされます。

日本が先進技術を活用して、国家安全保障をサポートするには、日本政府は、障害物を回避して、今日の国際情勢を直視するための戦略を提供する必要があります。

関連:

(読む The Sankei Shimbun 日本語で見ている このリンクで

作家:岡田水樹

READ  インドの将軍の繊細でロドゥルロムようスリラー

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close