トップニュース

日本の雇用市場激変に女性と臨時職員が最も大きく打撃

東京-1年以上コロナウイルス関連の混乱が日本、特にサービス部門の大部分を構成する女性と臨時職員の間で雇用の痕跡を残した。

会計年度2020年の雇用調査によると、就業者数が9年ぶりに減少した。 臨時、パートタイム勤務者、契約などの「非正規職」の女性労働者数は65万人減の1,407万人で、男性の二倍以上減少した。

サービス部門は、特に仕事を求める政府の措置にもかかわらず、観光急減と、ウイルスの拡散を抑制するために、オペレーティング時間を短縮するように当局の要求により、大きな打撃を受けました。 宿泊施設や食品サービス産業の雇用は381万人で、ほぼ10%減少しました。

東京のショッピングセンターで働いている20代の非正規職労働者は、1月に緊急事態が発生したとき、ほぼ一週間の仕事を全くしていないことを含めて、勤務時間が急激に減少しました。

彼女は「支払い損失の補償を受けたが、未来の収入が気になる」と語った。

コロナウイルスは、30代の女性が子育てのために仕事を残して問題を解決しようとする努力を中断しました。

この職にある多くの人々が短時間で非正規職に転換したが、経済が悪化し、これらの仕事は簡単に削減対象となった。 学校閉鎖はまた、多くの女性が自宅で子供を世話するために仕事をやめるよう強要しました。 労働力を除く女性の数は、11万人増の2,677万人に増えました。

しかし、女性の間では、フルタイム労働への強い要求が残っています。 過去の会計年度に正規女性労働者の平均数は、男性の減少にもかかわらず、360,000人増加した。 2月には、感染症が原因で需要が多く、医療、通信などの分野で、特に成長しました。

労働部はまた、労働力が不足している建設のように伝統的に男性が支配する産業では、女性正社員の雇用が増加したと指摘した。

SMBC Nikko SecuritiesのシニアエコノミストであるKoya Miyamaeは、さまざまな種類のポジションの需要格差が構造的変化を意味すると見ています。 「正規職の女性の割合は、おそらく増加するだろう」とMiyamaeは言った。

READ  土曜日にリマに表示された日本の慣習

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close