経済

日本の電気モーターメーカーNidec、47%の利益の増加を発表

日本のNidecは木曜日に、パーソナルコンピュータや家電製品のための強力な需要と電気自動車でのグローバル移行に支えられ、3月に終了した2020会計年度の営業利益が前年比47%増加したと木曜日に発表しました。

世界最大の電気モーターメーカーである同社の年間営業利益は1,600億円(14億8000万ドル)を記録し、売上高は5.4%増の1兆6,100億円を記録しました。

Nidecはまた、創立者会長である私が森重信(76)がCEOに退いた関社長が就任すると発表した。 取付けは、6月の年次株主総会を経て策定される予定である。

Nidecは、自動車、家電製品、およびコンピュータのハード・ディスク・ドライブ用の電気モーターを生産します。

元のパーソナルコンピュータの部品メーカーであった同社は、ここ数年の間に、電気モーターは、以前よりもより広く使用されている家電や自動車などの他のエリアに移動しました。

Nidecは、売上高の80%以上を海外で得たが、2018年以降、米中貿易戦争が激化支障を経験しました。 2020年の初めにコロナウイルスの発生に再打撃を受けた。

自動車生産と電気自動車への投資が、世界的に反発しながら昨年末から事業が改善し始めました。

最近流行のためにラップトップコンピュータや家電製品に使用される小型モータの需要が急増しました。

READ  ★今日の[강추 결산]キャリアL、ニトリHD、ピットクール(9月25日) - 週乗車

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close