トップニュース

日本の食料自給自足論争は核心問題を見落とす – The Diplomat

2020年度の日本のカロリーベース食品自給率 最低記録と一致 37%の。 同年、日本の食料自給率は 67% 生産価値に基づいて。 農林水産省(MAFF)は、日本が自らより多くの食料を生産しなければならないと長い間主張してきました。

しかし、この概念は、食品および農業産業における国の課題を説明するのに本当に適切ですか?

国連食糧農業機構(FAO)は、食料自給率を次のように定義します。 「国内生産で食料需要を満たすことができる程度」 それだけ 食料自給率 したがって、特定の食品の品目とは、国内生産を国内消費に必要な供給に分割することを意味します。

FAO 概念化する 食料の可用性、食料アクセシビリティ、活用、安定性はすべて、食料安全保障のコンポーネントです。 日本の外務省(MOFA)によると、カロリーベースの食料自給率は国の食料の可用性を示す指標です。

日本の 農林畜産食品部基本法 安定した食糧供給は国の基本であり、「世界の食糧の需給と貿易が若干の不確実性を持っているため」、主に「国内農業生産の増加」を通じて確保すべきだと説明します。

この記事が好きですか? フルアクセスを購読するにはここをクリックしてください。 月に5ドルを出すだけです。

日本のカロリーベースの食品自給率が時間の経過とともに減少したのは事実です。 1960年、日本は国内消費の大部分を独自に買収しました。 だった 米は102%、果物と野菜は100%、肉は91%です。

今日、日本は多くの食品を輸入に頼っています。 2021年、 日本は消費される米の98%を国内で生産するのに対し、その割合は果物30%、野菜76%、畜産農産物16%です。 その他の食品の割合は、大豆21%、小麦15%、牛肉11%でした。

2018年MAFF 計画された 米国(132%)、カナダ(266%)、フランス(125%)などの他の国のカロリーベースの食品自給率。 この推定を参照して、MAFFは繰り返し 表現 日本の低食料自給率に関する懸念

最近 2020年の食糧農村基本計画MAFFは、国の自給率を最大限に引き上げる目標を設定しました。 カロリー基準で45%、生産価値基準で75% 2030年まで。

MAFFの野心的な計画 目標 小麦40%、大豆60%、野菜15%、飼料48%の国内生産割合を増やすことです。 この計画は、これらの目標を達成するために、多くの作物に高収率または病気抵抗性の新品種を導入する計画です。

しかし、これらの目標の実現可能性は非常に疑わしい。 最近、これらの食品の生産量が減少している。 新しい作物品種の開発と導入には時間がかかります。 労働者と農地の急激な減少 新しい技術の影響を凌駕します。

日本が負けている 50,000 年間業界従事者と 3分の1未満 1980年に比べて農業人口の 需要への供給 食料自給率は、国の食料生産のためのこれらの必須の背景要素を考慮していません。

実際に食糧自給率だけでは状況をきちんと把握しにくい場合が多い。 例えば、様々な食料へのアクセスが制限されている発展途上国は、一般的に食料自給率が高い。 それは本当に彼らの人々のために良いですか?

これらの複雑さを考慮して、MAFFは最近、以下を参照する食品自給率の可能性の指標を導入しました。 「日本の潜在生産能力を十分活用して得られる食品のカロリー」 言い換えれば、この見積もりは日本がせいぜい自国民のために生産できる食糧の量を示しています。

この推定によると、日本は、利用可能な農耕地と人的資源だけでは、現在国民の食生活を満足させることはできません。 日本のすべての市民に2,168kcalの予想エネルギー需要(EER)を提供するには、塊茎と根が成長するように農地を根本的に変形させる必要があります。

この記事が好きですか? フルアクセスを購読するにはここをクリックしてください。 月に5ドルを出すだけです。

2020年の見積もり 食料自給率指標の「農耕地減少が生産性増加を圧倒する」ことが分かった。 米と小麦が最も栽培されている作物であれば、日本は国内生産を通じて国民にEER未満の1,759kcalしか提供できません。

提案された農地転換が実際に長い時間を要するなど、いくつかの非現実的な事実にもかかわらず、さまざまな農業資源を考慮したこの新しい潜在的な指標は、食料自給率の議論で見落とされた視点を提供します。

要点は、日本の農業部門が弱体化していることです。 農業労働者 そして農耕地は日本が自ら食べたい時期に国の食料安全保障を脅かしています。 ただし、MAFF 計画では、これらの重要な要因に特定の目標を設定しません。

要約すると、食料自給率だけでは、日本が包括的な食料安全保障を確保するために直面​​した課題を説明することはできません。 この目標を達成するために、日本は単に一定の割合を高めるのではなく、農業生産のための基本的な能力を強化する必要があります。

READ  日本は超強大国になることを渇望していますか?

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close