トップニュース

日本の首相は福島廃水放出を延期することができないと言いました

東京(AP) – 日曜日、日本の新首相は、津波で破壊された福島原子力発電所に保存され、排水の大量処理計画は、地域住民の懸念にもかかわらず、延期することができないと言いました。

就任後初めての施設を訪問した岸田文雄(Kishida Fumio)は、政府が廃水処理プロジェクトの技術的な安全性について工場近くの住民を安心させるために努力すると言いました。

福島第1原発は、2011年の大規模な地震と津波により、3倍のメルトダウンを経験しました。

Kishidaの運営者であるTokyo Electric Power Company Holdingsが施設の簡単な見学は進行中の発電所の解体とそこ保存されている処理された、まだ放射性水莫大な量に焦点を当てた。

岸田さんはツアーが終わった後、記者団に「水問題は後回しにはならないことに重要な問題であることを強く感じた」と述べた。

政府と東京電力は4月十年に渡って2023年春から太平洋に放流を開始する計画を発表した。

この計画は、漁師、住民は、中国と韓国を含めた日本の近隣諸国で激しく反対しました。

災害後の破損原子炉からの汚染された冷却水が続い漏れています。 水は地下から汲み上げされ、約1,000個のタンクに貯蔵されており、オペレータは、来年末に容量に達すると言います。

日本の管理は、植物の浄化のために水の処分が必要不可欠であり、海への放出が最も現実的な選択であると言います。

Kishidaは、政府が、水処理が地域漁業、その他の産業に被害を与えるおそれを解決するために最善を尽くしと言いました。

岸田社長は「さまざまな懸念を解消するために、科学的な観点から安全性(廃棄)と透明性について説明する」と述べた。

日本は放射能レベルが法的限界未満になるように廃水を処理することを含む排出が国際的な安全基準を満たしているかどうか確認するために、国際原子力機関に支援を要請しました。

READ  Various Artists:Heisei No Oto:CD時代の日本の左派 - フィールドポップ、1989年-1996年のアルバムレビュー

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close