トップニュース

日本の首相:伝染病の後、新しい疾病指揮センターが来ることがある

東京、10月18日(ロイター) – 岸田文雄(岸田文雄)首相は18日、コロナ19ファンデミク(世界大流行)が終わった後に感染症との闘いのための政府機関の創設計画が変わらないと述べた。

岸田議員は先月自民党指導部に出馬し、保健危機管理庁設立計画を出したが、参議院選挙を控えて発表した自民党の中核ポリシーのリストには含まれなかった。 10月31日

岸田議員は、他の8人の党代表との公開討論会で、「私は健康危機管理機関のための考えを撤回していない」と述べた。

「今の危機的状況に合わせて指揮所を建設することができるかは、コロナウイルスの状況に依存している。しかし、感染症の時代に、このような指揮塔のような機能を備えることが重要である」と述べた。

新しい自民党代表として岸こと今月初め菅義偉で首相を譲っました。 菅義弘にはコロナウイルス感染の5次波を抑制するのに苦労しながら、大きな人気を得ました。

日本の防衛費支出をGDPの2%に増やす自民党が提案した政策について岸田議員は目標予め定められたものではない言いました。

彼は「安全保障環境が急変している。 人民の生命と生活を守るために何をすべきか悩んでなければならない時が来た」とし「実際の予算は、後になって出てくる」と話した。

自民党の連立パートナーであるとメイト(Komeito)の山口ナスオ代表は金曜日自民党政策について疑問を提起しつつ、多くの社会福祉の分野では、リソースが必要なときに、大衆がそのような増加を支持しないと言いました。 続きを読む

岸田首相は敵基地を打撃することができる能力を確保することができる可能性について尋ねた質問に、北朝鮮が日本に到達することができる何百ものミサイルで武装するのと同じ1つのオプションとして検討する価値があると重ね述べた。

少数者の権利と女性の承認については、岸田議員は結婚した夫婦が別々の姓を維持できるようにしてLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル)に対する大衆の理解を促進するための、来年の議会に法案提出を支持していない唯一の人で明らかになりました。 とトランスジェンダー)の問題。

岸田首相は「政治家としての夫婦の性を別々に許可する問題について庶民がどのような立場であることを最初に綿密に検討しなければならない」と述べた。

日本最大野党である立憲民主党(CDPJ)は同性結婚をサポート、夫婦性を含んでいるなどの権利を主張し、総選挙を控えて、自民党との意見を示した。

自民党はほぼ10年ぶりにこれまで以上に団結した野党に直面しており、2017年に大きな勝利を収めた後、議席を失うと予想されます。

執権ブロックが下院の過半数を失っ権力を掌握する可能性は低いが、大きな損失に起因基仮定別の短期首相になる可能性が高くなります。

自民党と公明党は、今回の総選挙で共同過半数を確保することを目的としている。 彼らは木曜日に解散された下院で議席のほぼ3分の2を占めていました。

Kiyoshi Takenaka、Antoni Slodkowskiの報告; Lincoln FeastとJason Neelyの編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  カワイイ、それ破壊しなさい:日本の最新ファッションはフリル以上です。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close