日本の首都のインフレは5月にわずかに鈍化していますが、高い水準を維持

1 min read

和田高彦、木原レイカ

東京(ロイター) – 日本の首都である東京の5月の源消費者インフレが前年比3.2%上昇したと政府資料が金曜日発表しました。

全国の傾向の先行指標と考えられる東京の頑固な高インフレは、今年末には、超緩和通貨政策の漸進的な撤回に対する市場の期待を維持することができます。

ボラティリティの高い新鮮食品を除いて、燃料費を含む東京コア消費者物価指数(CPI)の上昇は、3.3%増加の中間市場予測と比較して、4月の3.5%増加に続いて上昇しました。

新鮮食品と燃料費の両方を差し引いたコアコアCPIは、5月に前年同期比3.9%上昇したことが分かった。 傾向インフレを測定するためにBOJが綿密に観察したこの指数は、1982年4月以来、最も早い年間増加率を記録しました。

日本経済はCOVID-19ファンデミックの象牙からついに回復していますが、世界景気の低迷や食品価格の上昇のリスクが輸出と消費の見通しにかかっています。

インフレがすでに目標値を超えた状況で、市場はBOJが上田一雄信任総裁の超緩和通貨政策をまもなく段階的に撤回できるという推測に満ちています。

しかし、上田ガバナーは、インフレがBOJの2%目標に継続的に到達し、銀行が扶養策を段階的に中断することを考慮するためには、確実な賃金の上昇を伴うべきであると強調しながら、短期政策修正の可能性を無視しました。

(報告:Leika Kihara、編集:Sam Holmes)

READ  セルティックスター京王、ワールドカップ脱落にもかかわらず、日本最高のXIに選ばれました
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours