日本の香川県にある国立公園 今「マインクラフト」で訪問者を迎えます。

Estimated read time 1 min read





この組み合わせ画像は、実際のサヌキマンノパーク(上)とMinecraftで作成された入り口エリア(下)を示しています。 両右下にマスコット「ドラム」が見えます。 (画像提供:国土交通省四国地域整備局)





この画像は、Minecraftで再現されたサヌキマンノパークの滝を示しています。 (画像提供:国土交通省四国地域整備局)

高松 – 日本西部の香川県にある国立公園の一部が人気のコンピュータゲーム「マインクラフト」として再現され、国土部地域局が3月13日に公開しました。

国土部の四国地域開発局は、香川県万能村にマインクラフト版の讃岐万能公園を披露しました。 国によると、オンライン世界で国立公園が再現されたのは日本で初めてだ。

Minecraftでは、プレイヤーはブロックを使用してさまざまな仮想構造とアイテムを自由に作成できます。 このゲームは、多くの学校でコンピューティング思考力学習のための教育ツールとして採用されています。

ブロック型デジタルパークを訪れる人が一番最初に見ることになるのは入口にある石垣だ。 入場するとすぐに現実世界と同じようにドラゴンをモチーフにしたマスコット「ドラム」をイメージしたオブジェアートがプレイヤーを迎えます。 レストラン、展望台、9m高さの「昇竜滝」も仮想化された。 これはMinecraftスペースなので、プレイヤーは公園のレイアウトを変更し、新しい遊び場機器を作成できます。

この計画の目標の1つは、公園の利用を促進し、コミュニティを活性化することです。 国土部建設企画と淀道浩二代理は「メタバース」仮想空間を通じて若者たちが万能公園に関心を持つことを望む。 」

Minecraft Playerのパークデータは、3月19日午後2時から国のホームページで無料で提供されます。

(高松局川原さとしさんの日本語オリジナル)

READ  アニメ映画は、第二次世界大戦中に粛清で死亡した人々を覚えています。
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours