技術

日本の駐在米国気候大使、温室効果ガスの削減努力を促す

東京 – ジョン・ケリーアメリカの気候特使は11月の国連会議を控え、気候変動への対応努力を推進するために、火曜日に東京で日本の外交官に会った。

茂木町ミス外相は、他の主要炭素排出国、特に中国の協力が重要であると強調しました。

MotegiはKerryと会った後、記者団に「中国は世界最大の炭素排出国であり、2位の経済国であり、中国が責任を果たすよう促すことが非常に重要です。」と言いました。

Motegiは、日本とアメリカがCOP26で知られている11月末グラスゴーで開かれるUN会議で、世界的な脱炭素努力を主導することを希望すると述べています。

ケリーは菅義偉首相、小泉進次郎環境上、梶山浩経済産業相とも会う予定だった。

紀元後

ケリーは、月曜日に日本に到着し、火曜日の夕方より多くの気候会談のために中国に飛んでいます。 これはジョー・バイデン大統領政権で二番目に日本を訪問することです。

ケリーは、工業化以前の水準よりも摂氏1.5度以下に上昇する温度を抑制するために必要な措置を加速し、協力することを世界的なリーダーに求めました。 彼は中国が二酸化炭素の排出を早急に削減する米国に参加することを促しました。

中国は世界第1位の炭素排出国であり、米国がその後に続いています。 日本は5位だ。

多くの国が2050年までに純炭素排出量を除去することを約束しました。 日本は2050年までにカーボンニュートラルを達成するために、2012年の水準からの排出量を46%まで削減するために努力すると約束しました。 中国も目標を立てました。 2060年までにカーボンニュートラルに到達するために

Sugaは日本が欧州連合に合わせて、最大50%まで削減を推進すると言いました。

この目標を達成するために、日本環境省は、再生可能エネルギーと脱炭素プログラムを促進するためにかなりの予算増額を模索しています。 産業通商資源部は、2022年の予算案草案に基づいて電気自動車や風力発電に莫大な補助金を使用する予定である。

紀元後

産業通商資源部は今年7月に発表したエネルギー基本計画案で再生可能エネルギーの割合を現在の目標値である22〜24%から2030年には36〜38%に引き上げると発表した。

ケリーは9月1日から3日まで、中国を訪問中の中国のXie Zhenhuaを会う予定です。

著作権2021 AP通信。 すべての権利を保有。 この資料は、許可なしに出版、放送、書き換えまたは再配布することができません。

READ  中国最大の技術敗者| フィナンシャル・タイムズ

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close