エンターテインメント

日本の高校の「かるた」選手、トーナメント休戦後復帰で1位ノリダ

石川 – 毎年夏には、滋賀県の近江神宮は小倉「百クニンイッシュ “競争”かるた “カードゲームの全国高等学校選手権大会を開催します。 このイベントは、「かるた甲子園(Karuta Koshien)」とも呼ばれ、毎年、全国的に大きな注目を受ける高校野球大会を意味します。

コロナウイルス感染症が原因で、昨年のイベントがキャンセルされたが、今年3月に自主的に組織された交換トーナメントであるEtoile Cupが行われました。 そこで17歳のマヒ林がチャンピオンになってかるたの高校生のための競争の場面の上に初めて登場しました。

「今までの訓練の結果をテストする機会がなかった今回は私の強みを示す機会ができました。」彼女の目がキラキラで述べた。



Mahiro Hayashi is seen in this photo。 (Mainichi / Chinatsu Ide)

林は父と兄の影響で小学校2年生の時から演奏を開始しました。 彼女がゲームについて好きなものは年齢と性別が勝者が誰なのかに影響を与えないということです。 Ishikawa Karuta Kyokai協会に加入した後、彼女は目に見える進歩を遂げました。 小学校と中学校の頃、彼女は多くの全国大会で優勝した個人の競争相手として登場して、自分を差別化しました。

彼女の地域の中学校には、かるたクラブがなかったのでバドミントンチームに参加しました。 林は「スマッシュのために学んだ手首の動作をカードスワイプ技術に入れた」と笑った。 去る3月交換大会でラケットを使用して開発された瞬間の反射神経を輝かせたし、3年生の時より年齢が多くのメジャー選手を勝ちました。

今、彼女はかるた最高 “A級”ランキングを獲得したが、最近彼女の視線はチーム競技にあります。 林はかるたをテーマにした漫画「千早フル」は、特にキャラクターが一緒にゲームをする場面が好きです。

今年7月に全国高等学校カルタ大会が2年ぶりに行われ、林は学校のクラブの長として、6月県内のラウンドに進出して、チームのゲーム部門に出場します。 ハード戦ったが、6つの高校のうち3位を占めて、次のラウンドに進出していなかった。

彼女はまた、個人選手のようなトーナメントで競争しています。 彼女はチャンピオンの指名を目指して「私もチームのメンバーのために熱心に仕事をしたい」と語った。 名実共に日本の高校1位を目指しています。

Profile:Mahiro Hayashi

林マヒは、日本中部石川県金沢市で生まれました。 彼女は現在、金沢錦岡高校3年生です。 彼女はまた、書道の上達し時限(修士)の資格を保有しています。 試合を開始するために、彼女はポップグループArashiの歌を聞く。

(Japanese original by Chinatsu Ide、Hokuriku General Bureau)

READ  「相葉学」嵐大野智が6年半ぶりのゲスト出演した時間SPで芋堀り| ORICON NEWS

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close