理科

日本の高校生がコロナウイルスのテストの後に遺伝子連鎖反応を把握します。



新潟薬学大学と応用生命科学大学の学生が2021年3月23日新潟県加茂市の加茂ぎょうせい高校で特別な実機理科の授業の中で熱間クラスタにチューブを設置する姿が目撃されました。 (毎日/マユッカ)池田)

NIIGATA-コロナウイルスのテストに使用されるポリメラーゼ連鎖反応(PCR)は正確には何ですか? この質問に答えるために、日本中部新潟県の1、2年生の高校生10人が特別に組織された生物学実験に参加しました。

PCRプロセスは、酵素ポリメラーゼを使用して、DNAが複製されて増加する連鎖反応を引き起こす可能性があります。 この酵素は、1980年代からDNA分析のツールだったが、コロナウイルスのテストで酵素の役割は、名声を獲得しました。

新潟県加茂市の鴨川ぎょうせい高校の学生が実験をしました。 この計画の科学教師によると、「学生にポリメラーゼ連鎖反応の原理を理解して、遺伝子の編集や新薬開発などの分野に興味を持つように奨励」することが構想された。

通常の50分授業中の実験を完了することは難しいので、従業員の開発のための教育支援の授業の一環として春休み中、約6時間にわたって行われました。 この授業は、高校生に非常に実用的なレベルの内容を提供したことで知られました。

看護を専攻する2年生4人、一般のクエストコース2年生5人、同部門のスポーツコース1年生1人が受講した。 新潟市安芸河口にある新潟薬学大学と応用生命科学大学の3年生2人助手として参加した。



参加者は、2021年3月23日新潟県加茂市の加茂ぎょうせい高校でPCR試験管に試薬を適用する様子を見ることができます。 (毎日/池田マユッカ)

まず、先生がDNAの構造とPCRの原理について説明しました。 次に彼らは実験を開始するために3-4人のグループに分かれています。

学生は、キャベツ、ブロッコリー、その他の野菜をおろしDNAを抽出しました。 反応溶液を追加した後、彼らはサンプルを熱循環器に入れ、重合酵素連鎖反応を起こし、長さがそれぞれ約1cmの遺伝物質のサンプルを作成しました。

次に電圧をサンプルに適用してDNAは長さに応じて分割し、移動しました。 その後、学生はDNAがスケールに対して移動した距離を測定し、似たような長さのDNAを持つ野菜が同じ種であることを確認した。

17歳の看護2年生平田詩織さんは「PCRが何なのか知りたかったので参加した。難しかったが、結果を得てうれしい」と話した。 いくつかの失敗したグループがあったが、教師は「PCRの最初の経験は、彼らが困難と喜びを表示するために役立つことを願った」と言いました。 学校は他の科学の取り組みの中でPCR生物学実験と遺伝子組み換えのテストを定期的に拡大する計画です。

(Japanese original by Mayuka Ikeda、Niigata Bureau)

READ  「The Lady With Bindi」は、NASAのビデオが口コミ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close