日本の高齢化人口は社会に緊急のリスクを提起するとPM 日本

Estimated read time 1 min read

岸田文夫日本首相は、日本の低出産高齢化問題が社会に緊急の危険となっていると明らかにしました。

多くの先進国では出生率が減少していますが、世界銀行のデータによると、日本では65歳以上の人口の割合が小さい主であるモナコの次に世界で2番目に高いため、この問題は特に深刻です。

岸田は月曜日、新しい議会の会期開始を知らせる政策演説で国会議員らに「推算によると、昨年の出生児数は80万人以下に落ちた」と話した。

「日本は私たちが社会として機能し続けるかどうかの直前に立っています」と彼は言いました。 「子どもと子育てに関する政策に関心を集中するのは、待つことができず、延期できない問題です。」

保守指導者は、4月に新しい子どもや家族機関を立ち上げることを含む彼の政策が両親を支援し、世界で3番目に大きな経済の「持続可能性」を確保するように設計されたと述べた。

キシダは、結局、政府は子供関連プログラムの支出を倍増させたいと付け加えた。 「私たちは子供たちが最初に社会的経済を築く必要があります。 [low] 出生率」と話した。

日本は人口1億2500万人で、 提供する方法に苦労しました。 急速に増加する高齢者の居住者数による。

日本の最も近い近隣諸国を含む多くの国では、生活費の上昇、より多くの女性の労働力の参入、後に子どもを選ぶ人々などの要因により、出産率が低下しています。

先週の公式データによると、中国の人口は2022年に60年で初めて減少しました。

日本の過去 人々がより多くの赤ちゃんを持つように奨励するための努力 妊娠・出産・子育て補助金にもかかわらず影響はわずかであった。 一部の専門家は、政府補助金がまだ若者が家族を始めることを妨げる困難を排除するのではなく、すでに子供を持つ親を対象とする傾向があると述べています。

READ  日本の - オーストラリアの緑水素サプライチェーンの可能性の研究
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours